« インドネシアでUFO | トップページ | ジャカルタのラーメン (2) »

2016年6月 2日 (木)

ジャカルタのラーメン (1)

ジャカルタはラーメン屋が充実しています。豚骨まであるなんて完全に予想外でした。鶏でも豚でも濃厚なスープが主流のようで、インドネシア人で繁盛しているお店がたくさんあります。この1年間、いろいろラーメンを食べてきました。味は個人の好みなのでレビューとか◎◯△マークとか話半分で。

◎ぜひまた食べたい
◯また食べてもいい
△もういいかな・・・


【豚骨】
◎一風堂・白丸
◎一風堂・赤丸
◎博多麺王・黒ラーメン

あっさりめの豚骨ラーメンが好きなので、一風堂の白丸はちょうどいい。もうちょっとコッテリが食べたいなという時には赤丸を。あまりにも普通に美味しいので特に感想はありません。日本と同じ味(だと思います)。

豚骨は一風堂で満足だったのですが、先日麺王の黒ラーメンを食べた時は大脳に衝撃が走りました。なんだこれは!どんぶり一面に浮いた真っ黒なマー油、しかし食べてみるとそんなにギトギトではなくむしろあっさり?結局スープまで飲み干してしまいました。これはクセになります。

110ramen01 110ramen02 110ramen03

◯よっちゃんラーメン
△東京たぶし
△ばり馬ラーメン(口偏に馬)
△ばんからラーメン
△俺の家ラーメン

よっちゃんラーメンはシンプルで美味しい。お酒のしめにサッと食べたい(下戸だけど)。東京たぶしは魚介系豚骨醤油をいただきました。魚粉がもうちょっと細かいと舌触りもいいのにな。それからやや甘酸っぱいスープがちょっと好みと違ったかも。でもつけ麺のスープだとこれはハマりそうなので、次に行ったらつけ麺を頼んでみよう。

ばりうまは脂がかなり浮いていました。背脂でないなら何の脂なんだろうと、食べていてやや不安に。ばんからは背脂まみれ。角煮のせいかスープが甘かった。甘くて脂っこいのはきつい。俺の家(おれんち)はとろとろチャーシューが入った塩豚骨で、ストレートに豚骨スープでした。豚骨すぎて終始ブヒってました。

110ramen04 110ramen05 110ramen06 110ramen07 110ramen08

【鶏白湯】
◎清六屋・鶏白湯醤油
◎清六屋・極み鶏

清六屋は最近の大ヒット。すでに殿堂入り確定の超濃厚鶏白湯。濃厚すぎてもはやポタージュ。しかしこれが美味い。麺ももちもちでいい感じですが、やはり主役はスープ。最後の一滴まで完全に飲み干しました。1枚めが白湯醤油。写真のとおりぱっと見脂が浮いていません。鶏って意外としつこいですが、このスープはそんなこともなく、ただただ旨味が凝縮されていました。2枚目の極み鶏ははさらに濃厚かつ塩味ですが、なんとレモンを絞って食べる一品。飽きずに最後の一滴までいけました。

110ramen09 110ramen10

◯まる玉ラーメン
職場の近くなのでお昼ご飯の時間があまりない時によく食べます。きっと10回以上食べていますが、実はそんなに好きでもないという。。スープは美味しいんですがここの細麺が自分的にはかなりいまいちで、これでもちもち太麺があったら最高なのになといつも思いながら食べています。それでも困った時は「まる玉でいいか」と思えるんだからすごいんですけどね。

110ramen11 110ramen12

△一幸舎
家から近いので当初は何度か来ましたが、いつ食べても、無難な味だなあ、量が少ないなあ、特筆するものがないなあと思いながらでした。スタンダードではありますが。

110ramen14 110ramen15

|

« インドネシアでUFO | トップページ | ジャカルタのラーメン (2) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インドネシアでUFO | トップページ | ジャカルタのラーメン (2) »