« それは誰のせいでもなく | トップページ | 悪魔の名前 »

2016年6月19日 (日)

ものの値段

午後、少し歩いてチーズケーキのお店に行きました。小さな店内のショーケースには予想を遥かに上回る値札がずらり。迷いましたが、手ぶらで帰るのもしゃくだったので、とりあえず一番小さい10cmのニューヨークチーズケーキを購入。16万ルピア(1300円)もしました。直径たった10cmなのに。

16万ルピアがこちらでどの程度の価値かというと、300gのサーロインステーキやうなぎの蒲焼きが食べられます。1000円前後で和食屋のランチ(カツ丼セットや刺身ソバ定食)もいけます。

ボリュームたっぷりなレジェンドオブヌードルの海鮮チャンポンなら2杯、ドリアンだったら小ぶりのを3個、マンガブサルのお肉たっぷり麺が4杯、サテ・カンビン(山羊)は5本3万ルピアを5皿とちょい。

最近お気に入りのフランシスアルチザンのチョコパンが8袋(40個)、日清カップヌードルなら18~20個、インドネシア製のカップ麺(ポップミー)だったら40個も買うことができます。

食べ物の値段付けには相応の理由があります。きっとこの高いチーズケーキにもそれなりの価値はあるはずです。すぐに次のお客が来てたし。それにしても、こうしてあらためて食べ物の値段を比較してみたら、なんだか罪悪感すらわいてきました。

しかも、家に帰って箱を開けてみたら、オーダーとは違うキョウトホワイトが出てきました。これはショック。キョウトホワイトって確かホワイトチョコとチーズなんですよね。ホワイトチョコの味わい方がよくわからないので、なんだかとっても残念な味でした。味がしないというか…。

これがちゃんとニューヨークチーズケーキだったら、と思いはしますが、もう行かないかな。調子にのってセレブな(値段の)スイーツに手を出した自分を反省。(-_-)

ちなみに、昼間映画館に行った時、まだ少し咳が出るのにハンカチを忘れてしまったため、Marks & Spencer でハンカチを探したところ、2枚15万ルピアか3枚20万ルピアのセットしかなく、ちょっと迷って結局買いませんでした。我ながらせこい。。

122cake01 122cake02 122cake04 122cake03 122cake04b 122cake04c 122cake05 122cake06 122cake07 122cake07b 122cake08 122cake09 122cake10

|

« それは誰のせいでもなく | トップページ | 悪魔の名前 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは誰のせいでもなく | トップページ | 悪魔の名前 »