« おすすめヌードル | トップページ | アラブ料理でブカ・プアサ »

2016年7月 1日 (金)

おすすめフード

そこまで通ってはいないけれど、とても美味しいので紹介したいお店をいくつか(場所はGoogle Mapで店名検索を)。

■Wan Wei Xiang Suki: スッポンスープ
漢字の店名は萬味香火鍋。ひと皿が多いのでなかなか一人では行きにくいのですが、ここのスッポンスープは本当にしみじみと美味しいです。味付けはシンプルにお酒と醤油(+ショウガ、漢方系のスパイス少量)、スッポンの美味しさを存分に味わうことができます。
『スッポンの力』

129food01 129food02

■Tim Ho Wan: チャーシューまん
さすが香港でミシュランの星をとったお店です。点心はどこで食べてもそこそこ美味しいですが、ひとつ、チャーシューまんだけはちょっと他店ではお目にかかれない、創意工夫あふれる一品でした。ほうれん草とエビの餃子は見た目も艶やかかつ美味しかった。グランド・インドネシア店、PIK店。
『匡の技』

129food02a 129food03

■Puang Oca: ハコフグの天ぷら
これ、1匹丸ごと使うので、けっこうな値段になってしまいます(2~3千円)。複数で行ってオーダーするのが吉。味は赤丸保証付き。魚介の天ぷらとしてはかなり美味しい部類です。盛り付けのインパクトも強烈。マカッサル料理店で、ジャカルタのムリアホテルの横にあります。
『この顔でこの白身』

129food04

■Bogor Cafe: ソプ・ブントゥッ
ソプ・ブントゥッ(オックステールスープ)はジャワ島の名物料理です。5~6店で食べましたが、ここのが別次元の美味しさでした。極上のビーフコンソメといった趣。ただし値段も別次元(町のお店の2~3倍)。故ダイアナ王妃も食されたそうです。
『洗練の極み』

129food05

■Pak Tardja: サテ・カンビン
サテ・カンビン(山羊の串焼き)を出すお店はたくさんありますが、ここのはひと切れがちょっと大きいのでその分お肉がジューシーです。タレも甘辛にピリッとした唐辛子が効いていて、5本くらいペロリといけてしまいます(他店の10本分ありそう)。1本6000ルピア (50円)。サテ・カンビンならジョグジャカルタの山のお店が自分の中で長らく一位でしたが、このお店が一気に逆転しました。なおメインは骨スープ (ソプ・スムスム)。
『山羊も納得の成仏』

129food06 129food07

■Sate Kijang: サテ・キジャン
南カリマンタン州バンジャルマシンのお店なのでなかなか行く機会はないと思いますが、自分は旅行中3日連続で行ってしまいました。それほど美味しかったです。キジャン(鹿)は肉自体に味があり、適度な噛みごたえもあって、淡白過ぎず濃厚過ぎず、ちょっとした野趣もあり、いろんなお肉のいいとこどりのような美味しさでした。お店秘伝のタレがまた美味しいこと。ソト・バンジャルも美味しいよ。
『奇跡の出会い』

129food08 129food09

■Sop Konro Karebosi: コンロ・バカル
ジャカルタのグルメ通り(と個人的に思っている)、ジャラン・ブルバードにあります。マカッサルの郷土料理として有名なチョト・マカッサル(牛モツスープ)、ソプ・コンロ(ビーフリブスープ)、そしてコンロ・バカル(煮込んで柔らかくなったビーフリブをちょっと炙ったもの)。香辛料が独特。骨からはあっさりはずれ、口の中でホロホロとくずれていきます。
『お肉を頬張る幸せ』

129food10 129food11 129food12

■Penang Bistro: Prawn Noodle (だったかな?)
赴任当初はまったマレーシア風エビラーメン。エビ味濃厚絶品スープ。日本のラーメンよりだんぜん美味しいと最初は思っていましたが、麺がちょっといまいちで(エッグヌードルとビーフンの2種類が入っている)、そのうち行かなくなってしまいました。久しぶりに食べたいな。
『エビ様々』

129food13

|

« おすすめヌードル | トップページ | アラブ料理でブカ・プアサ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おすすめヌードル | トップページ | アラブ料理でブカ・プアサ »