« UNIQLO✕Pop Mie | トップページ | 尊厳死がテーマの映画 »

2016年9月27日 (火)

アチェグルメ (2)

コチラで以前紹介したアチェ料理。久しぶりにアチェに行って、今回もいろいろ美味しいものを食べてきました。

1. ミーアチェ
1枚めはご存知 Hermes Hotel のミーアチェ(エビ)。非の打ち所がありません。いつ食べても美味しい。言ってみればカレーラーメン(焼きそば)ですが、スパイスが香り高く、海老の出汁も効いていて、モチモチ麺と素晴らしいマッチング。インドカレーと日本のカレーのいいとこ取りって感じ。

2枚めは地元の一番人気店 Mie Razali。前回はゴレン(焼きそば)を食べましたが、今回はお店もおすすめのルブス(汁そば)を。十分スパイシーですがゴレンよりマイルドに感じられて、思わず最後の一滴まで汁を飲んでしまいました。さすが、ジョコウィ大統領も舌鼓をうったお店です。

3枚めはホテルの横にあった小さな屋台のミーアチェ。こんなところでも美味しいのかなと、ダメ元で挑戦。結果は、やっぱりちょっと。。。とにかく激辛、でもスパイスが単調、麺もやわやわな中華麺(エッグヌードル)と、いいとこなしでした。

167aceh01 167aceh02 167aceh03

2. アヤム・タンカップ (Ayam Tangkap)
アチェ風のアヤム・ゴレン(フライドチキン)は、素揚げされたカレーリーフやパンダンリーフ(パンダナス)の緑が目にも鮮やかな一品です。お肉にもよく下味がついていて、外はパリッ、中はジューシー。もちろん緑の葉っぱもいただきます。サクサクッと軽い食感でほのかなハーブの香りが口の中をリフレッシュしてくれます。

167aceh04 167aceh05 167aceh06

3. スィールボー (Sie Reuboh=Daging Rebus)
アチェブサールの郷土料理。お肉のシチューですが、とにかく酸っぱい。お肉もスープも。なぜならお酢を入れるから。この料理、作ってからなんと1ヶ月、いやそれ以上ももつんだそうです。恐るべし、お酢。また味がいいんです。大好きになりました。

167aceh07

4. 雷魚の頭のカレーとバナナの花のカレー
ついでにこんなものも食べました。雷魚はクセのない白身でカレーとも相性抜群。バナナの花(つぼみ)のカレーはシャキシャキとした食感でなかなかいける。

167aceh08 167aceh09

|

« UNIQLO✕Pop Mie | トップページ | 尊厳死がテーマの映画 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« UNIQLO✕Pop Mie | トップページ | 尊厳死がテーマの映画 »