« 世界津波の日 in アチェ | トップページ | 日本の名作マンガ in インドネシア »

2016年11月 7日 (月)

郷土料理はその土地で

今回もアチェでたくさんミーアチェ (Mie Aceh) を食べました。
写真1: Simpang Lima (イカ)
写真2: Simpang Lima (カニ) *同席した人の注文
写真3: Hermes Hotel (エビ)
写真4: Mie Razali (エビ) *テイクアウト
写真5: ↑包みはこんな感じ
写真6: Pade Hotel (牛)
写真7: Dapoe Aceh (エビ) *ジャカルタのお店

日曜の朝アチェからもどってきたのですが、お昼は何にしようか迷った挙句、結局ミーアチェを食べにDapoe Acehに行ってしまいました (@プラザセントラル)。前は普通に美味しいと思っていましたが、今回一番美味しいと感じたMie Razaliにくらべたら、スパイスの香気も全体の旨味も正直かなり劣ります。ジャカルタでミーアチェが食べられるのはうれしいですが、舌が味を覚えているうちに食べくらべてみたら、こんなに違うものかと驚きを隠せませんでした。

183mie01 183mie02 183mie03 183mie04 183mie05 183mie06 183mie07

アヤム・タンカップ (Ayam Tangkap) も最近のお気に入り。
写真1: Delima Baru
写真2: Hasan 3 (Tiga)
写真3: Dape Aceh *ジャカルタ

これもやはりアチェが圧勝。アチェのは下味もしっかりついていて熱々のジューシーでとにかく美味。ジャカルタのは似て非なるものでした。残念です。偶然、お店のテレビでミーアチェとアヤムタンカップのレストランが紹介されていて、レポーターが美味しそうに食べていたのがちょっとイラッときました。店名出なかったけどジャカルタなのかなあ。

184ayam01 184ayam02 184ayam03

|

« 世界津波の日 in アチェ | トップページ | 日本の名作マンガ in インドネシア »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世界津波の日 in アチェ | トップページ | 日本の名作マンガ in インドネシア »