« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月の22件の記事

2016年12月26日 (月)

にぎやかな食卓

ちょっと小腹が空いた時、ソト・アヤム (チキンスープ) などスープのお店がうってつけです。あっさりスープにナシ (ご飯) もつけて、サラサラッとお茶漬け感覚でいただくのもいいし、一緒に運ばれてくるサイドディッシュをふたつ、みっつとつまむのもいいですね。お店が繁盛するかどうかの鍵は、実は本体よりサイドディッシュなんじゃないかなと。下の3店はいずれもジャカルタ。

Soto Ayam Bangkong
ソト・アヤムのザ・スタンダードといったお店。繁盛しています。貝の煮込みの串刺しも美味しい。

214soto01

Soto Kudus Blok M
ソト・クドゥスはやや甘めの味付け。実はどんな味がスタンダードなのか知らないのですが、でも美味しかった。煮込みタマゴ最高でした。

214soto02

Rawong Nguling
東ジャワ名物の黒いスープ、ラウォン。スープの中には柔らかく煮込まれた牛肉がゴロゴロ。サイドディッシュの黒い何かはあまりにも黒々しくて手が出せませんでした。青いタマゴはアヒルのタマゴの塩漬け。スープにご飯と一緒に入れると美味。

214soto03

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

映画にむせび泣く

こちらインドネシアも連休です。ジャカルタって本当にやることないんですが、こんな時は映画が趣味でよかったなと思います。

1. ローグ・ワン/スターウォーズ・ストーリー
スターウォーズ本編が好きな人にはたまらない映画です。いや、普通の戦争映画、とくに "名も無き兵士モノ" が好きな人にとっても、感性にグッと訴えかけられるストーリーです。まさかクライマックスであんなことになるとは。。。でも、たしかにそうなんですよね。本編との整合性を考えたらあれしかない。そこをわかった上でもう一度観たいと思わされます。

しかしねえ、ラストシーン、あれはまあ仕方ないんですけどね、つなげなきゃならないから。でもどうなのかなと。観客の多くは涙をこらえきれず思わず落とした涙の余韻にひたる間もなく、怒り狂って暴れまくるベイダー様に戦慄を覚えているところですよ、タイミング的に。酔いしれているわけです、スター・ウォーズの世界に。そこにあの顔、、、自分はちょっとズッコケました。でも家に帰ってエピソード4を観て、やっぱりスゲー!って思いました。

212movie01

2. アサシン・クリード
映画「君の名は」で某漫画家が "売れる要素だけ入れてる (から売れて当たり前)" みたいなことを言っていましたが、アサシン・クリードもいい俳優、斬新なプロット、印象的なシーンの連続と、面白くならないわけがない要素ばかりの映画です。実際、予告編を観た時は最高に燃えました。アクションにパルクールを取り入れていて、こんなに高低差のあるジャンプってたしかに今までなかったなと度肝を抜かれました。

そうしてかなり期待して観始めましたが、うーん、なんだろう、ちょいちょいテンポが途切れる感じ?いや、場面場面はどれも印象的で、シーンを切り取るとどれもカッコイイのひと言です。好きな俳優ばかり出ているし、けっしてつまらなくはないのですが、期待値が高すぎたのかな。。こんな時は映画の名言 (というかマーフィーの法則)、『よくできた予告編は本編より面白い』を思い出します。。

212movie02

| | コメント (0)

ソーセージ三昧

先日コチラのお店でもソーセージに舌鼓をうったばかりですが、なんだかまた無性にソーセージが食べたくなり、連日で行ってきました。

1. Paulaner Brauhaus
グランド・インドネシアの中にあるドイツ料理のお店。メニューにはいろいろ本格的なドイツ料理がありますが、ここはやはりソーセージの盛り合わせ一択。Nurnberger、Debreziner、Wiener、Thuringer の4種にたっぷりのザワークラウト。

ソーセージってだいたいどれも美味しくて、最初の一口目で「こんなに美味しいものいくらでも食べられる!」って思うんですけれど、なにしろ味が濃厚なので、意外とすぐ飽きがくるというか。この一皿もそんなに量は多くありませんが、美味しく食べられる限界でした。きっとビールと一緒に食べるものなんだな。いや、でも美味しかったです。おすすめ。

213ssg01 213ssg02

2. Die Stube
お洒落なお店が軒を連ねるクマンにある、これもドイツ料理のお店。昨日の今日なので実はポークチョップとかポークナックルもいいなと思いましたが、ここは踏んばってソーセージの盛り合わせをオーダー。名前は不明ですが5種。ニュルンベルガー、茹でたの、焼いたの。太いやつはなんなんだろう。

もうね、そりゃ美味しいですよ、ソーセージですもん。とにかく味が濃厚なんです。塩辛いという意味ではなく (まあ十分塩辛いですけど)、とにかく濃厚。さすがにこの量はきつかった。つけ合わせがクリームスピナッチとドイツ風パスタ (?) というのもコッテリに拍車をかけました。ザワークラウトって偉大。あ、テーブルにあったマスタードが美味しかったです。最後はソーセージにたっぷりつけて酸味まみれにして食べきりました。もうしばらくソーセージはいいな。。

213ssg03 213ssg04

| | コメント (0)

2016年12月24日 (土)

クリスマス・ドリアン

インドネシアという国はイスラム教徒が9割近くだというのに、ジャカルタのショッピングモールはどこもクリスマス一色。

今日はクリスマス・イブだしまた Pablo に並ぼうかなとも思いましたが、よく考えたら Pablo のチーズケーキの値段でドリアンが3個食べられるんですよね。これはドリアンしかない。

そして今日のドリアンも美味しかった。もう見た目からして完璧。店主も試食不要と判断し直接持ってきましたから。

ちなみに本日、グランド・インドネシアで見つけたドリアン象。これは欲しい。でも小さいのに70万ルピア (5600円) もする。こんな値段じゃ売れないだろうから、安くなったら買おうっと。

211durian 211durian02

| | コメント (0)

リンガーハット

ジャカルタのシティーウォークという、小さいながらも日本食スーパーや日本食レストラン複数が入ったショッピングモールに、待望のリンガーハットがオープンしました。

麺は日本直輸入のものと、ローカルのものが選べます (日本製は100円くらい高い)。金曜夜に行ったら日本の麺はハビス (売り切れ) だったので、仕方なくローカルのものを食べました。

麺がツルツルな感じはいいのですが、とても柔らかく、コシのなさが致命的。スープも野菜の感じも日本のまんまだったので、残念感倍増でした。ちなみにラージサイズで日本の一皿分くらい。

で、土曜の朝一でまた行ってみました。ところが今日も日本の麺がないとのこと。悲しくてオーダーせずに出てきてしまいました。。

210champon01 210champon02

| | コメント (0)

ストレートなネーミング

まあ床屋さんですよね、クシとハサミだし。

しかし店名が KAMINOKE って。

正しいといえば正しいネーミングですが。

もうちょっと他に名前はなかったのかな。

209kami01

| | コメント (0)

2016年12月23日 (金)

自然災害大国

去年は森林火災、今年は地震。少しは役に立てただろうか。

208disas01 208disas02 208disas03 208disas04 208disas05 208disas06

| | コメント (0)

ミーアチェの頼み方

ミーアチェを注文する時、次の3種類を試してみましょう。自分の好みが見つかるばす。(写真はどれもHermes Hotel)

写真① ゴレン (Goreng) = Fried (焼き)
写真② バサ (basah) = Wet (焼き、汁ダク)
写真③ ルブス (Rebus) = Boiled (茹で)

207mie01 207mie03 207mie04

自分が一番好きなのは、実はソース多めのゴレンです。そういう注文の仕方があるかは知りませんが。写真④ (Hermes Hotel)、写真⑤ (Mie Razali) は最高に美味しかった。

207mie02 207mie05

| | コメント (0)

2016年12月20日 (火)

自分史上最高ドリアン

アチェで食べたオレンジ色のドリアン。こんな色のものは初めてです。ひとつつまんで口に入れると、ねっとり濃厚なクリーミーさとほどよい甘さに加え、まるでブランデー入りのような芳しい香りと上品な苦味が口の中に広がりました。この瞬間、「自分史上最高ドリアン」に認定。

「世の中興奮することっていっぱいあるけど、一番興奮するのはドリアン食べる時だよね 」
「間違いないね」

206durian02 206durian01 206durian03

| | コメント (0)

2016年12月17日 (土)

アチェのドリアン

アチェはいまドリアンの季節。露店のおじさんが選んでくれたピディ産のドリアンは、たっぷりの甘さにほんの少し苦味が加わった、大人味のドリアンでした。30,000Rp (240円)。おじさん、グッジョブ。一粒一粒の果肉も大きく、小ぶりなのに1個でお腹いっぱいになりました。

205durian01 205durian02 205durian03

| | コメント (0)

2016年12月13日 (火)

ライラとマジュヌーン

アチェの本屋で「ライラとマジュヌーン」のインドネシア語版を見つけ、サウジアラビアのことを懐かしく思い出しました (過去記事はコチラ)。

「ライラとマジュヌーン」は中東地域で広く親しまれている悲恋物語です。詩才豊かな主人公カイスは、恋人ライラの名前を詩の中にうたってしまったため、先方の家柄を傷つけたとして求婚を拒否されてしまいます。ライラは他人に嫁ぎ、癒されぬ心の傷を抱いたカイスはやがて精神に異常を来します。マジュヌーン(気がふれた)と呼ばれ、砂漠をさまよい恋人の幻影を追い求めるカイスでしたが、ライラもまた恋人への想いと夫への忠節のはざまに苦しみ、やがては衰弱して死んでしまいます。この恋物語はアラビアの砂漠的環境に生まれ、その純愛と悲恋、詩のすばらしさなどから広く中東文化圏に伝えられ、時代時代で作品化されています。いわば、中東版ロミオとジュリエットなのです (ロミオとジュリエットがライラの物語を引用したという説も)。

ピンとくる方もいるかもしれませんが、エリック・クラプトンの「いとしのレイラ」は、当時ジョージ・ハリスンの妻パティ・ボイドに恋をしてしまったクラプトンが、友人から聞いたこの物語と自分を重ね合わせたことから生み出されたのだそうです。

204laila01

| | コメント (0)

2016年12月11日 (日)

ピコ太郎(?) in ジャカルタ

明らかにこれは。。。

うーんなんともこの。。。

パイナップルとキムチって。。。

本日見つけたピコ太郎(?)さんでした。

203piko

| | コメント (0)

ステーキ&チーズ

ラクレットといえばアルプスの少女ハイジでおなじみの、例のあのとろ~りとろけるチーズのこと。想像すると思わずヨダレが出てしまう食べ物として、その破壊力は業界トップクラス。

そしてステーキ。これはもう有無を言わさぬ食べ物界の皇帝。余分なものを極限まで削ぎ落としたそのストイックな様は、シンプルなれど純化を極めた肉料理の極北。

なんとこのふたつを合体させるという暴挙に出たお店がジャカルタにあります。その名も Willie Brothers Steak House!豪快に焼いたステーキの上に、熱々のとろけるチーズをパイルダーオン!

果たしてお皿の向こう側に何が見えるのか。待っているのはシャングリ・ラかそれともパンドラの箱なのか?!

・・・と、少々興奮しつつ料理をオーダーしました。さて、実食。

ステーキの焼き方はなかなか良かったけれど改善の余地あり。注文はミディアムレアでしたが実際はほぼレア。それはいいのですが、もう少し中まで「熱」が通っているとさらにお肉がねっとりして美味しかったでしょう。

ステーキなんて塩胡椒だけでいいのに、塩胡椒は微量で、甘いBBQソースが載っていたのは残念でした。肉質がよかっただけにちょっともったいなかった。でもチーズに甘いソースが合わないでもないなと思ったのも確か。

焼いたチーズの熱々感は想像通りの素晴らしさでした。香ばしいおこげと立ち上るチーズの濃厚な香り。でも、チーズって意外とすぐ冷えてしまうのですね。トロトロしてたのは最初の数分だけでした。温めたお皿に盛ればいいのに。

総論としては、とっても美味しかったです。というか、味云々よりもこいつを食べたんだという征服感、満足感がすごかった。ハイジ好きならぜひ。

202steak01 202steak02 202steak03

| | コメント (0)

2016年12月10日 (土)

インドネシアで君の名は。

ついにインドネシアでも始まりました、Your Name (君の名は。)。最初からウルウルしていましたが、最後は周囲でゲラゲラ笑うインドネシア人がいなかったら間違いなく涙腺が崩壊していたであろうほどキました (恥ずかしいのでこらえた)。しかし連れの彼女が嗚咽するほど泣くのを見て横で爆笑するインドネシア人て。。。

正直、公開後初めての週末、土曜日の最終上映21:45が1割も埋まらないほどガラガラだったのはあまりにさびしかったですが、少なくともそこにいた観客の反応は上々でした。笑うところはちゃんと笑ってくれたし。でも、やっぱりこの映画ってかなりオタク向けなんじゃないかなと思ったり。

とても面白かったしもう一度観ようとも思っていますが、これって200億円もかせぐようなカテゴリーの映画ではないですよね。一番驚いているのはきっと監督でしょう。

自分的には秒速5センチメートルの呪いも解けてスッキリ。

201kimino

| | コメント (0)

チーズケーキ Pablo

ジャカルタのショッピングモール Gandaria City に、「チーズケーキ革命」でおなじみのチーズケーキ屋さん、Pablo がオープンしました。

革命かどうかはともかく、これまでココとかココでチーズケーキを食べてきた身としては、ようやくジャカルタで (個人的に) 納得のいくチーズケーキに当たったという感じ。

自分の中でベスト・オブ・チーズケーキは、ちょっと変化球ですが、銀のぶどうの「かご盛り白らら (しらら)」。Pablo のはちょうどこれを焼いたものって感じ。

レモンの酸味とほのかなチーズ感。パクリとほおばると、口の中でフワッととけてなくなります。パイ生地のサクサク感がまたいい。これは白ららにはない良さ。

土曜の朝10時、開店と同時に行きましたが、すでに長蛇の列で45分待ちでした。でも並んで買う価値ありです!

200pablo01 200pablo02 200pablo03 200pablo04

| | コメント (0)

2016年12月 8日 (木)

お洒落なチョコレート

小洒落たカフェやレストランが軒を連ねるジャカルタの代官山(?)ことセノパティ通りにある Cacaote というお店でチョコレートを買いました。その日の夕方、テニスをやる約束だったので、差し入れにちょっと奮発してこれまで買ったこと(見たことも)ないようなチョコレートを箱詰めで。

でも、その日は雨が降ってテニスは中止。1週間後にと思って一度は冷蔵庫にしまいましたが、翌日、箱を開けあらためて見てみると、なんだかまるで宝石箱のよう。キラキラと輝いています。これは、、美味しそう。。

実はチョコレートは10個買っていて、箱は9個がうまく収まる入れ物だったので、ひとつはみ出しているやつをポイと口に放り込みました。うん、、美味しい。。この日はこれで終了。

翌日、チョコレートの箱を開け、小さくつぶやきました。テニス仲間4人でひとり2個ずつとしたら、8個にしておいた方がキリがいいよな、うん、もうひとつ食べよう。。

翌日またひとつ、そしてまた次の日も。。

結局、テニス仲間にこのチョコレートの存在は知られることなく、ひっそりと自分のお腹に収まったのでした。ああ美味しかった。

199cacao01 199cacao02

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

モデル・ハント

インドネシアはイスラム教徒が90%近くを占めていて、総じて宗教色が強い国といえます。地域によっては不純異性交遊への刑罰として鞭打ち刑が行われたりもしています。コーランの教え通りですね。

一方で、インドネシアはエンターテイメント産業も盛んで、銀幕のスターや歌手、アイドルもたくさんいます。JKT48もいますしね。そしてそんな芸能界に憧れる青年男女が無数にいることは当然なわけです。

写真は、とあるショッピングモールで見た公開モデルオーディション "Model Hunt 2016" です。ショートパンツで颯爽とキャット・ウォークする女性たちを、スカーフをかぶった女性たちが物言いたげに見ているという、不思議な空間でした。

この中から世界的スーパーモデルが現れるといいな。

198model01 198model02 198model03

| | コメント (0)

2016年12月 6日 (火)

モアナと伝説の海

ディズニー映画「モアナと伝説の海」を観ました。ディズニー初のポリネシアを舞台にしたアニメ映画です。

制作を始めるにあたってポリネシアに取材に行ったそうですが、キャラの造形や風景、そして何より海の色が、あちらの雰囲気満点でした。豚は白黒のブチだし、ココナッツの「顔」にもこだわるあたり芸が細かい。

ディズニーのヒロインにしてはあまり華奢ではないのがなんともリアルですが、男性キャラも含めちょっと批判もあるようです。ズングリムックリすぎるんだとか。

まあねえ、そうですねえ、でもやっぱりあんな感じじゃないですかねえ。それがイイんですよまた。日本では2017年3月公開。

197moana01 197moana02 197moana03 197moana04 197moana05 197moana06 197moana07 197moana08 197moana09

| | コメント (0)

ソーセージ

お肉メインのお店に行くと、今はもっぱらステーキですが、時々メニューにソーセージがあって、そんな時はふと手が止まります。

いつもほんの少しだけ悩み、結局ステーキを頼む自分。たぶん当たりハズレが大きいんですね。いくつも種類がありすぎて、好みの味なのか不明だし。

そんな自分が行ってきました。ソーセージを食べるために。ジャカルタのパシフィックプレイスの南側、その名も The Dutch。

オランダ人も、きっと好きだよ、ソーセージ。よし、美味くないわけがない。まず頼んだのはソーセージの盛り合わせ。3人で行ったから余裕しゃくしゃく。

いや、どれも個性があって美味しかったです。ラムソーセージのハーブの香りも、チョリソーのスパイシーさも。でもこの日一番のお気に入りは、白いチキンソーセージ。

こんなに美味しいチキンソーセージは初めてでした。モチモチした食感、十分な旨味、適度な脂感、鼻腔をくすぐるおこげの香ばしさ。

実は続けて頼んだBBQポークと鴨のローストが、これまたモチモチ&旨味の嵐で、久しぶりに感動するほどの逸品でした。

自分的にはソーセージより美味しかったのですが、この日の食事(ソーセージを食べる会)に誘ってくれた方には内緒です。

しめはオランダ名物の焼き菓子、ポッフェルチェ。ふわっと広がる小麦粉の香り、ほんのり甘くて温かくて、心からほっこりする美味しさです。必食。

トータル大満足。でもまあ飲み物(1人ビール、2人ジュース)込みで1人40万ルピア (3200円) ですから、これで美味しくなかったら怒りますけどね。

ちなみに最後の1枚は別のお店(ドイツ料理屋、ポークチョップが絶品)のソーセージ。茹で過ぎて肉汁が抜けきっていて、スッカスカのスポンジを食べているような最悪の味&食感でした。残念。

193dutch01 193dutch02 193dutch03 193dutch04 193ssg

| | コメント (0)

2016年12月 5日 (月)

カレーラーメン

カレーラーメンはお好きですか。インドネシアはさすがスパイスの国、日本よりもたくさんカレーラーメンを見かけます。で、くらべてみました。さて、そのお味は。

☆☆博多一幸舎
カレースープは素晴らしく香り高いです。テーブルに丼が運ばれてきた時、フワッとカレーの匂いにつつまれました。目の覚めるようなスパイシーな香り。ひと口すすると味も良い。スープはダントツです。でも、麺がいただけません。そもそもこのお店、量が少ない。丼はほぼハーフサイズ。普通のラーメンも麺が少ないのですが、カレーラーメンときたら麺がお玉いっぱいくらいしかないという。。。でもスープのためだけに通う価値あり。
194curry01

☆越後屋
いや、美味しいんです、本当に。でも、これは違う。断じて違う。なんというか、スープがラーメンスープではなく、別に作ったカレールーをスープでのばしているだけという (間違っていたらゴメンナサイ)。そうなるとですね、中華麺である必要はないんです。うどんかご飯の方がよほど美味しいんです。つまり、これは中華としてのカレーラーメンではないんです。カレーうどんのうどんの代わりに中華麺を入れましたよ、なんです。(なんですばかりで恐縮なんです)
194curry02

☆まる玉ラーメン
これは見た目からして残念。中華麺にカレールーをかけましたという料理。スープ別体型なので、もしかしたらスープをかけて食べるのかなと思いきや、カレールーもたいして味が濃いわけでもなく、結局このままズルズルと食べてしまいました。豚肉が豪快に入っていましたが、いつもの通り、下味がほとんどありません。お肉は下味つけたほうが絶対に美味しいんだけどなあ。残念。
194curry03

☆☆オオサカラーメン
ボゴールに行く途中、外国人なんてほとんど来ないであろうローカルなショッピングモールのフードコートで出会った一品。これが意外と悪くなかった。ちゃんとカレースープでした。麺はボソボソしていてさすがにもうちょっとでしたが、ラーメンはやはりスープが命ですから、これは十分美味しいと言えます。日本ではやや邪道なカレーラーメンですが、インドネシアの方が (自分の) 理想に近いカレーラーメンを作っているような気さえしました。
194curry04

ということで、美味しいカレーラーメン探求の旅はまだまだ続く。

| | コメント (0)

2016年12月 4日 (日)

少年オバマ

オバマ大統領が在任中にと思っていてけっこうギリギリになってしまいましたが、ようやく行きました、その昔、4年間、オバマ少年が通っていたジャカルタはメンテンの小学校。中庭に小さな銅像があります。最初は公園に設置していたのですが、他所の国の大統領をなんで?という反対意見が出て、結局ここに持ってこられたのだとか。

196obama01 196obama02

| | コメント (2)

キタ・インドネシア

先週金曜日はジャカルタで大規模なデモ(平和の集い?)がありましたが、2日あけて日曜の今日、歩行者天国のスディルマン通りには、各々支持する政党のTシャツを来たサポーターたちが集結しました。みんなでまとめて "Kita Indonesia" のスローガンを掲げての平和行動だったようです。

195sunday01 195sunday02 195sunday03 195sunday04 195sunday05 195sunday06 195sunday07 195sunday08 195sunday09

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »