« クエティオ | トップページ | アチェのヒツジカレー »

2017年2月17日 (金)

ジンギスカン

セノパティ通りの真ん中あたりからまっすぐ南にのびているグナワルマン通り。といっても一方通行なので南下はできないのですが。

そのグナワルマンのだいぶ南よりに、北海道ジンギスカン料理のお店「仁(じん)」があります。お肉はオーストラリアからの輸入肉とインドネシアローカルのものと。

一番高いお肉(オーストラリア産特上ラム)でも1000円くらいで、野菜も大量についてくるため、なんだかとっても得した気分。健康にも良さそう。さて、肝心のお味の方は。。。

自分は長年の中東生活で美味しいヒツジ肉をたくさん食べているので、ヒツジは一番好きだしそもそも臭くなんかないと思っているのですが、ここのは、、うーん、、なかなかクセがありますね。

実は日本でジンギスカンを食べたことがないので本当のところはわかりませんが、日本人がこのクセの多さこそヒツジ肉のスタンダードと思っているのだとしたら、ちょっと誤解かなあと。

いや、美味しくないわけではないのですが(そもそも一番高いのを頼んだし)、期待が大きかっただけにやや残念感も。

でも野菜がたくさん食べれるからオススメはオススメ。あ、焼いているときの脂はねがけっこうひどい。店内もヒツジの臭いが充満しているので汚い服で出かけましょう。次は鍋を頼もうっと。

ラムカレー(ミニ)も頼んでみましたが、白ご飯はもうちょっとがんばってほしいですね。

240jin01 240jin02 240jin03 240jin04

|

« クエティオ | トップページ | アチェのヒツジカレー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クエティオ | トップページ | アチェのヒツジカレー »