« 団子 in 団子 | トップページ | ゴーフード »

2017年3月 5日 (日)

バティックシャツを作ろう (1)

お気に入りのバティック (布) を買って、仕立て屋で自分だけのシャツを作る。1年前からやってみたかったのですが、重い腰がなかなか上がりませんでした。それもそのはず、仕立て屋の連絡先はもらったものの、「SMSで連絡すれば家まで来てくれるよ、バハサ (インドネシア語) になるけど」という、あまりにもハードルの高い入り口。

しかし今日ようやく一念発起。といっても、個人ベースで連絡をとるのは無理と判断し、仕立て屋さんの殿堂、パサール・マエスティック (Pasar Mayestik) にほとんど情報もないままとにかく行ってみることにしました。パサールの周りには大きな店構えの仕立て屋がたくさんあります。しかしどれが良い店なのかわかりません。ここでひらめきました。

散歩を気取って各店舗をのぞいていけば、日本人がよく使っているお店なら「コンニチハ」とか「ニホンジン」とか声を掛けられるだろうと。けれどもこの作戦はあえなく失敗。店員と目が合ってもみんなニッコリ微笑むだけ。こんな時に限って強引な客引きもいません。なんなら声を掛けられたらどこでもよかったのに。

しかし最後の店舗で持参したバティックを見せると、「バティック・トゥリス (手描きバティック) だね、だったらバティック・ブデ (Batik Budhe) に行けば良いよ」というヒントをもらいました。きっとそこが仕立て屋に違いないと、100mほど歩いて行ってみると、そこはとても繁盛している、バティック (布) 屋さんでした。がっかり。でもきれいな手描きバティックがたくさんあったので、ここはまたじっくり来たいなと。

バティック・ブデの店員も英語はほぼ通じません。片言のバハサで「良いテーラーはどこ?」と聞いてみると、「パサール・マエスティックの中にたくさんある」と言われました。いや、それはそうなんですが。。やや途方に暮れながら、パサールの2階 (D階、Mz階、1階、2階) に上がっていくと、それはもう何十という仕立て屋が、小さな間口の店の前にミシン1個を置いて、ひたすら縫製作業に没頭していました。

果たしてこの中のどれが良い店なのか、まったく見当がつかない。。あらためてGoogle検索を始める自分。ふむ、どうやら Lily Mode's というお店が日本人御用達らしい (ただし2013年のブログ情報・・・)。広いフロアーをくまなく歩いてようやくLilyを見つけましたが (位置的には南西角)、残念ながら今日は閉まっていました。向かいの店のおじさんが、明日は開いているよと教えてくれましたが。

ということで、なかなかスタートが切れませんが、次の週末こそオーダーまでこぎつけたい。

256batik01 256batik02 256batik03 256batik04 256batik05 256batik06

|

« 団子 in 団子 | トップページ | ゴーフード »

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。オーダーできたようでよかったです。
新しい洋服、楽しみですねー。
ブルキナファソも仕立て屋さんや布屋さんがたくさんあるんですよ。
http://kazitabonita.blog133.fc2.com/blog-entry-377.html

投稿: Kazu | 2017年3月17日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 団子 in 団子 | トップページ | ゴーフード »