« 春のドリアンまつり | トップページ | ウォノギリのチキン »

2017年3月 1日 (水)

バッソの故郷

中部ジャワ州のウォノギリという町に行きました。何か名物料理はないかと調べたところ、どうやらバッソ (Bakso バクソ) がそれっぽい。

バッソといえば、インドネシアのおよそあらゆる街角で食べることができる肉団子スープです。それらのお店・行商人の多くが、ウォノギリか東ジャワ州マランの出身者なんだそうです。

つまり、ウォノギリの名物がバッソとは言っていませんが、バッソ屋の半分はウォノギリ人だと。ならばウォノギリはバッソの故郷。さぞや美味しいお店があることでしょう。

ということで、ソロの空港に夕方6時に降り立ち、ウォノギリまで車で1時間半移動、ホテルにチェックイン後、評判の良さそうなバッソ屋を目指して歩きました。

しかーし、8時にお店に着いたらすでに閉店。Google Mapには9時までって書いてあるのに。。まあスープがなくなったら閉めちゃうんだろうな。きっと人気店だ。残念。

翌日のお昼は、訪問先のインドネシア人スタッフと食事。まあこちらからお店は選べないですよね。彼らもちゃんとしたご飯が食べたいだろうし。

結局ウォノギリでバッソは食べられませんでした。なお、一緒に行ったスタッフに聞いたら、「ウォノギリの名物がバッソ?ないない!」と言っていました。なんなんだこの反応は。

写真はジャカルタでまあまあ人気のあるバッソ屋さんのもの。店名はソロ(Bakso Total Solo)。中部ジャワ州の州都(今はスラカルタ)ですね。団子とスープはとても美味しかったです(麺はしょぼい)。

057soup01

|

« 春のドリアンまつり | トップページ | ウォノギリのチキン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春のドリアンまつり | トップページ | ウォノギリのチキン »