« アフタヌーンティー | トップページ | レコード・ストア・デイ in ジャカルタ »

2017年4月20日 (木)

スマホでインドネシア語翻訳

前日の夜、急にインドネシア側から呼ばれ、本日午後6時半からの会議に出てきました。といっても6時半ぴったりに始まるはずもなく、手持ち無沙汰の日本人、オランダ人組は、席にひとつずつ置かれたパダン料理のお弁当を先に食べることに。

7時を過ぎて、ようやく30名ほど集まったところで会議はスタート。最初こそ司会者がインドネシア語から英語に訳してくれたものの、その後のプレゼンと質疑応答は、結局最後までインドネシア語でした。わざわざ呼んでおいてなかなかの。。。

仕方ないのでスマホを取り出し、パワポのプレゼンを見ながら単語を手入力しGoogle翻訳していましたが、延々続くパワポに嫌気がさして、OCRアプリの良さげなものをダウンロード、さっそく使ってみました。

アプリ名は Text Fairy。起動後はまずインドネシア語をダウンロードしましたが、結構な数の言語に対応しています。スクリーンに映されたパワポを写真で撮り、テキスト読み取り範囲を指定。この時、スクリーンを斜めから撮ることになりますが、ゆがみ補正することもできました (台形で範囲指定)。

また、アプリ内でGoogle翻訳と連動できるので、文字の読み取りから翻訳までとてもスムーズです。ただし、翻訳された文章はスマホの画面上では全部は見えないので、メモ帳にコピペして読みました。これはちょっとめんどくさい。

下の写真は家に戻ってからあらためて試したもの。国立博物館のパンフレットの一部分を撮影し、読み込み&翻訳したものです。日本語にも翻訳できますが、英訳の方が精度がいいかなと思って英語にしてみました。まあ想像できる範囲ですね。

本日の会議、最終的には40人ほど集まり、夜だというのに活発なやりとりが続き、結局終わったのは9時半でした。あー疲れた。でもおかげで良い翻訳ツールを手に入れました。

298ocr01 298ocr01b 298ocr02 298ocr03 298ocr04 298ocr05 298ocr06 298ocr07 298ocr08

|

« アフタヌーンティー | トップページ | レコード・ストア・デイ in ジャカルタ »

アラビア語・各国語」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アフタヌーンティー | トップページ | レコード・ストア・デイ in ジャカルタ »