« 美人鍋 | トップページ | スマホでインドネシア語翻訳 »

2017年4月19日 (水)

アフタヌーンティー

イスラム風建築のクアラルンプール駅(セントラルではない方)の向かい側、ちょっと道路を横断しにくいその場所に、マジェスティックホテルがありました。目指すはここのアフタヌーンティー。

ピアノの生演奏が若干耳障りなティーホール。紅茶はダージリンのみ、でなければコーヒーという、選択肢がない状況にまず軽く出鼻をくじかれ、さらにカップに注がれた紅茶がなんとも優しすぎる味わいで、ほとんどダージリンらしさを感じないことにやや気分が沈みかけた午後3時。

しかし出てきたスナックは、どれもこれも素晴らしかったです。これぞホテルの味。素材もいいし、いちいち手が込んでいます。スモークサーモン、チキン、野菜の各種サンドイッチは素材によってパンも異なるし、ホットスナックのパイ生地もサクサクで香ばしい。

あ、なんといっても主役はスコーンでした。人それぞれ好みはあるかもしれませんが、自分はこの重くてややしっとりしたスコーンが抜群に美味しかったです。クロテッドクリームと苺ジャムを塗って完璧なハーモニーの完成。贅沢なひと時を過ごすことができました。

紅茶がなくなると延々注いでくれるので、15杯くらい飲んだと思います。それくらい量を飲める紅茶なので、優しい味とか書きましたが、実はただ単に薄すぎるってことで。。

297tea01 297tea02 297tea03 297tea04 297tea05 297tea06 297tea07

|

« 美人鍋 | トップページ | スマホでインドネシア語翻訳 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美人鍋 | トップページ | スマホでインドネシア語翻訳 »