« クアラルンプールのB級グルメ | トップページ | 美人鍋 »

2017年4月17日 (月)

マレーシアのドリアン

ジャカルタではよくドリアンを食べています。お店では「なんて品種?」といつも聞くのですが、「メダン」とか「アチェ」とか、産地の地名しか教えてもらったことがありません。看板にもそうとしか書いてありませんし、そもそもこの質問にみんなピンとこないようです。

そうして行ったドリアンの本場、マレーシア。「品種」で食べくらべるという今までにない経験を楽しみにしていました。事前に調べたら、ドリアンの旬からは外れているようで一瞬肩を落としましたが、ブキッ・ビンタンのアロー通りという屋台街なら一年中あるということで一安心。

1日目。まずは「XO」をいただきました (写真2枚目)。ちょうど1kgで値段は30リンギット (750円)。他のよりちょっとだけ高い方です。味は十分な甘さと少しのほろ苦さがありました。この苦味が甘さにコクを与えています。ジャカルタで食べるメダン産ドリアンのかなりアタリの時と同じくらいの美味しさ。

屋台だし旅行者だし、てっきりボラれるかハズレをつかまされるかと内心ビクビクしていましたが、しっかり美味しいドリアンを選別してくれたお店のおじさんに感謝。水分もほどよく抜けていて、クリーミーさもよかったです。臭いはまったくなし。

2日目。満を持して「猫山王 (ムサンキング)」をいただきました (写真3枚目)。最高級品です。値段は1.5kgで90リンギット (2,250円)。1kgあたり60リンギットはXOの2倍。値段を聞いてやや不安になりましたが、昨日と同じお店のおじさんが、ドリアンの中を開けた瞬間、「黄色いぞ、いいヤツだ」と自信ありげにつぶやいたため、ホッと安心してこんどは期待が高まりました。

さて、そのお味はというと、これは高いだけの価値があります。しっかり甘く、上品な苦味も加わって、まるでブランデー入り高級クリーム菓子の様な味わい。これも水分がほどよく抜けていて、なめらかなクリーム感は舌触りも最高。極上のカスタードクリームのようでした。しかも種が平たいので、普通のドリアンにくらべたら果肉量は2倍以上ありそう。そう考えるとむしろお買い得です。臭いはまったくありません。

ちなみに猫山王とはジャコウネコのことで、ジャコウネコが好んで食べるためこの名がついたのだそうです。ジャコウネコといえば、インドネシアではコピ・ルワックという最高級コーヒー (希少が故の値段的な意味、味は個人の好み) を生み出し、そしてマレーシアでは最高級ドリアンにその名が冠されているわけです。とりあえずジャコウネコにも感謝しとこう。

ということで、マレーシアはやはりドリアンの本場でした。ドリアンの最盛期にまた行ってみたいです。

295durian01 295durian02 295durian03

|

« クアラルンプールのB級グルメ | トップページ | 美人鍋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クアラルンプールのB級グルメ | トップページ | 美人鍋 »