« アヤムゴレン | トップページ | 巡礼ツアー割引券 »

2017年4月 2日 (日)

Samsung Galaxy A3 (2017)

会社の同僚が新しいスマホを買いたいということで、一緒にインドネシアンモバイラーの聖地 ITC Roxy Mas に行きました。条件はみっつ。(1)コンパクト (4インチ台の画面)、(2)デュアルSIM、(3)4G/LTE。あとは、できれば内蔵メモリが大きいこと (32GB)、防塵防滴なこと。

実はこれが相当難しい条件なのです。今どきのスマホは液晶画面がほとんど5インチ以上。4インチ台だと古い機種ばかりです。コンパクトで性能が良いものといえばiPhoneとソニーのXperia Z Compactシリーズですが、両方ともシングルSIMなので除外。探索は難航しました。

しかし、さすがスマホの殿堂 ITC Roxy Mas。ようやく見つけました。サムスンの Galaxy A3 (2017年モデル) という機種がどうやら最適です。内蔵メモリは16GBですが、あとは希望どおりのスペック。フロアをひととおり見て回った後、さて買おうかとなりました。しかしここで問題が。言語設定を開いても、日本語(メニューの日本語表示)という選択肢が出てこないのです(英語はあり)。

その場でネット検索すると、日本語化はさほど難しくなさそうでした。最悪、メニューが日本語化できなくても、英語表示はできるし、日本語ウェブサイトの表示と日本語入力は確認できたので、その場で同僚は購入を決め、そして日本語化は自分に託されたのでした。これがけっこう頭の体操に。

【手順】
1. PCにAndroid SDK をインストール。最近パッケージ化された Android Studio はサイズが大きすぎるので(1.8GB)、コマンドラインツール(290MB)のみ入手することに。Java JRE のインストールに続けて、Android SDK をインストール。手順はコチラを参照しました。

2. スマホをUSBデバッグモードにする。裏コマンドなため、「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」を7回タップすると、「設定」に「開発者向けオプション」が現れる(実際には英語メニューで作業しています)。デバッグモードをON。

3. 付属のケーブルでPCとスマホをつなぎ、コマンドプロンプトで adb 実行。しかしスマホが認識されずエラー。PC上ではアイコンが見えていてフォルダも開けるのに何故? ネット情報の「メディアデバイス(MTP)をオフ」もダメでしたが、PCのデバイスマネージャーを見たらスマホのドライバーが入っていないことがわかり、ネットからダウンロード。ただしWindowsの自動検索は失敗、なぜかサムスンのウェブサイトからもダウンロードできず、手動でゲットました。

4. ふたたび adb コマンド実行。成功したっぽいので、Playストアから入手した MoreLocale2 を実行。Japaneseをタップすると、画面がパッと日本語に切り替わり、ミッション・コンプリート。ほっとひと息。3時間費やしました。久しぶりにWindowsと格闘しましたが、清々しさはないな。。

|

« アヤムゴレン | トップページ | 巡礼ツアー割引券 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アヤムゴレン | トップページ | 巡礼ツアー割引券 »