« イード・ムバーラク! | トップページ | 帝王鴨 vs 明 »

2017年7月 1日 (土)

インドネシア・スマホの便利ワザ

インドネシア赴任後、スマホでインターネットが快適に使えるようになるまで誰しも多少の悪戦苦闘があるものです。基本的な操作は次のとおり。

Telkomsel (simPATI) の操作:
*808# 自分の電話番号チェック
*887# 直近のデータ使用料チェック
*888# プルサ(課金)の残高チェック
*889# パケット通信データ残量チェック
*133*電話番号*バウチャーコード# バウチャーを買って電話リチャージ
※お店だと店員の携帯からこちらの携帯にリチャージ可能
*858# プルサの転送(↑店員がやるのはたぶんコレ)

そして一番重要なのが:

*363# 電話にチャージした分からデータ通信用に振り分け
※メニューはインドネシア語。FLASH Regular を選択後、Harian (Daily)、Mingguan (Weekly)、Bulanan (Monthly)、>30Hari (30日以上) から選びさらに希望する通信容量を選ぶと金額が表示されます。2GB/月なら95,000ルピア (800円)。これをやらなくても残高があればインターネットはできますが、割高なのであっという間に残高がなくなります。

実はこれまでスマホもポケットWi-Fiも、いつもいちいちお店(スーパーマーケットのレジや携帯ショップ)に行ってリチャージしていたのですが、なんと銀行のATMでもできることがわかりました。ちょうどポケットWi-Fiのデータ残量がなくなったので試してみたら、なんとも簡単、あっという間に完了しました。

自分のポケットWi-FiはSmartfren。ATMにカードを入れてPaymentを選び、写真1のPhone Top Upを選択。写真2のSmartfrenを選び、次の画面で電話番号とリチャージ金額を入れるだけ。簡単! Smartfrenはコチラに書いたように、今はリチャージするとすぐデータ通信用にふり分けられるので、なおさら簡単でした。(5GB/月=100,000ルピア/800円、深夜帯2GBサービス)

ああまたひとつ快適になった。というか口コミ以外でどうやったらこういう便利情報ってわかるのかな。。

335atm01 335atm02

|

« イード・ムバーラク! | トップページ | 帝王鴨 vs 明 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

旅行・地域 アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イード・ムバーラク! | トップページ | 帝王鴨 vs 明 »