« バリ島のホテル | トップページ | イタリアン PEPeNERO »

2017年8月21日 (月)

客家料理 -Liyen-

前から気になっていた客家料理のお店にようやく行くことができました。パサール・バルの近くにある麗園小厨 (Liyen) というお店です。

とはいっても実はお店に入ってからふと「客家料理の代表的なものってなんだろう」と思い、あわててネット検索してからオーダー。頼んだのは・・・

・梅乾扣肉 (豚肉と漬け菜の蒸し物)
370hakka01

・塩焗鶏 (鶏肉の塩蒸し) (客家鹹鶏)
370hakka02

・釀豆腐 (肉詰め豆腐)
370hakka03

お味の方は、Wikipediaに書いてあった、「労働での発汗による塩分を補給して体力を維持するため、脂こく、塩辛く、濃い味付けが多い」という表現がまさにぴったりでした。

たぶん典型的な客家料理の味付けだったんだと思います。はるばるインドネシアに渡っても、料理は変わらず受け継がれているんですね。

以下、Wikipediaより抜粋。
『客家は、秦代より、華北から6度に渡り華南への大規模な集団移動をしてきたとされ、広東省東部、香港の新界、江西省南部、福建省西部の山地や丘陵地帯を中心に生活をしている。また、さらに四川省、広西チワン族自治区などへ移住したり、台湾、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどへ海を渡って移住した人たちも多い。これらの広範な地域で伝統的に食べられてきた料理が客家料理である。』

|

« バリ島のホテル | トップページ | イタリアン PEPeNERO »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 インドネシア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バリ島のホテル | トップページ | イタリアン PEPeNERO »