« 2017年10月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の29件の記事

2018年1月31日 (水)

皆既月食

今日は皆既月食。だんだん赤銅色に染まってゆく月を見ていると、なんだか神秘的な気分に。

427moon01 427moon02 428moon03

| | コメント (0)

2018年1月30日 (火)

スズメバチ

去年の秋口、家の横の柿の木にスズメバチがたくさん来るなあと思ってはいましたが、襲われたわけでもなし、富士山で見たハチとりの仕掛け(写真3枚目)もちょっと残酷な気がしてそのまま何もせず過ごしていました。

ところが今朝、ふと母屋の二階を見上げると、軒下にかなり大きめのハチの巣が!すでにハチはいないようにも見えますが、果たして。。まあこれまで気がつかなかったくらいですから、知らぬ間に巣を作り知らぬ間に飛んでいったのでしょう。

426hachi01 426hachi02 426hachi03

| | コメント (0)

2018年1月29日 (月)

とらや工房

御殿場にある「とらや工房」は雪景色につつまれていました。どら焼きは特に皮が今まで食べたことのないようなしっかりとした食感と甘味で、さすが老舗とうなりました。ひとつ食べたら大満足。

425toraya01 425toraya02 425toraya03 425toraya04

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

用事があって車で所沢に行ってきました。まだ雪がめちゃめちゃ残っていて、所沢駅前を歩きながらちょっとはしゃいでしまいました。地元のあの程度の雪(風花)でヒャーヒャー言っていた自分が情けない。。

写真は東名足柄SA。富士山は雪景色が似合う。

424yuki01 424yuki02

| | コメント (0)

2018年1月26日 (金)

ゆうちょのマーチ

郵便局でこんなのもらいました。

ゆうちょのマーチ!

423choco01 423choco02

| | コメント (0)

2018年1月25日 (木)

花椒

静岡市駿河区にある「中国飲茶館」の麻辣豆腐が、その名のとおり痺れる美味しさでした。そのままでも十分刺激的でしたが、追加で花椒を振りかけると、きっと挽きたてなんでしょう、ピリっとした辛み、爽やかな香り、そして口の中が痺れるような感覚に、ひとくち食べるごとに鮮烈な美味しさを感じました。

あまりにも花椒が美味しかったので、お会計の時にメーカーをたずねたら、中国から買ってきたものをお店で挽いて出しているとのこと。ちょっと肩を落としていたら、それを見かねたのか、ご厚意で小分けして売ってくれました。「じゃあ今から挽いてきます」という言葉が嬉しかった。

写真の袋に入ったものがそうです。今までS&Bとか中国製のものを買ってきましたが、もう今日のが圧倒的に美味しいです。当分家でも麻婆豆腐が続きそう。^^

421sansho01 421sansho02 421sansho03

| | コメント (0)

2018年1月24日 (水)

風花

雪、あるいは大量の風花。1時間ほどでやんでしまいましたが。これくらいの白さでも驚喜。

420yuki 420yuki02 420yuki03

| | コメント (0)

しぐれ焼き

富士宮といえばB-1グランプリもとった富士宮焼きそばが知られていますが、もうひとつのご当地グルメが「しぐれ焼き」です。

お好み焼きに富士宮焼きそばが入ったもので、麺のもちもち食感が良いアクセントになっています。もちろん仕上げはソースと青のりに加えたっぷりの魚粉をかけて。

「うめづ」で観察した限り、地元っぽい人はしぐれ焼きをたのむ方が多かったです。それも納得の味とボリューム。

416shigure01 416shigure02

| | コメント (0)

2018年1月23日 (火)

静岡おでん

年明けのこと、知人が鈍行列車で東京から大阪まで移動するというので、東京から静岡まで一緒に東海道線に乗ってきました。この路線、自分は学生時代に一度乗ったことがあるだけで、本当に久しぶりです。

高速バスの方が安いし早いくらいですが、たまにはいいですね、こういうのんびりした旅も。まばらに乗った乗客はみなどこか物憂げで、ついそれぞれのドラマを想像してしまいました。

静岡では知人を静岡おでんのお店にご案内。「まるしまのおにぎり」は昔ながらのたたずまいのお店で、朝6時半から開いています。朝食(ご飯、お味噌汁、おしんこのセット)が300円、おでんはどれでもひと串60円です。お赤飯のおにぎりも美味しい。

ちなみに静岡おでんとは:
①黒はんぺんが入っている
②黒いスープ
③串に刺してある
④青のり、だし粉をかける
⑤駄菓子屋にもある

今日は特に寒いので、熱々のおでんが恋しいです。

419oden01 419oden02 419oden03

| | コメント (0)

大雪騒ぎから一夜明け、本日は晴天。うちは奥山が少し白くなった程度。残念。静岡(清水)って暖かいんだなあ。

418yuki02

| | コメント (0)

2018年1月22日 (月)

この雪によって関東では多くの帰宅困難者が出ている中、不謹慎かもしれませんが、静岡(清水)の自分は雪をうらやましいと感じてしまいます。

それでも我が家は山間のド田舎なので、まだうっすらと雪景色が見えますが、町の方では結局雨で終わったようです。

地元に雪が積もったのを見たのは、いったい何年前になるのだろう。。

418yuki01

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

選ばれし者(ではなかった)

「ブレードランナー2049」と「スターウォーズ・最後のジェダイ」を観ました。2本とも前作から大好きで、続編を心待ちにしていました。もちろん公開初日に映画館に行きましたよ。

ところが2本とも、観終わったあと心に残ったのは、カタルシスなどではなく、胸の奥底にこびりつくようなやるせなさでした。

若干ネタバレになりますが、2本とも主人公が選ばれし者ではなかったと悟る瞬間があまりにも切なすぎました。自分は感情移入しすぎてこのもやもやを何日も引きずってしまいました。

しかしよく考えると、ブレードランナーについてはそのプロットこそブレードランナーたらしめている本質であり、そこがハードボイルドSFの極北と言われるゆえんでしょう。

しかも主人公はライアン・ゴズリングです。いったい彼が物語の中でハッピーエンドを迎えたことなどあったでしょうか。彼が主人公という段階で、ほろ苦いエンディングは十分予想できたことなのかもしれません。ということで納得。

スターウォーズについては、その事実は予想(期待)を裏切るものであり本当に悲しかったです。レイの悲しみがひしひしと伝わってきました。もっとも、逆にすごいってことなんですけどね。無印からあのパワーって。もしかしたらカイロ・レンが嘘を言っているのかもという一縷の望みも無きにしもあらずですが。

ただ、ラストシーンの意味を考えると、ジェダイの血族とは関係ないところでこうした才能が生まれていることに、今後の更なる壮大なストーリー展開が想起されわくわくしてきます。

スターウォーズは2回観てようやく納得した感じですね。次作が待ち遠しい!

417eiga01 417eiga02

| | コメント (0)

2018年1月20日 (土)

深海魚は美味しい

テレビでもよく見るようになった石垣館長ともども、深海魚マニアにはつとに有名な「沼津港深海水族館」。ここに行った際は必ず周りのレストランで深海魚をいただきます。

おすすめは浜焼きしんちゃん。テーブルのロースターで自分で焼く深海魚は殊の外美味しいです。写真の盛り合わせは小金目、深海エビ、デン、メヒカリ、メギス。白いのはマンボウの腸。お造りはゲホウです。

マンボウの腸はコリコリと歯ごたえもよく、ゲホウはよく脂が乗りお刺身でも美味しかったですがもったいないのでロースターで骨と頭を焼いたところ、むしろ火を通したほうが美味しいと思いました。メヒカリはあいかわらず美味しいですね。大好きです。

沼津バーガーもおすすめ。深海ザメバーガーは言葉の響きに反し普通に美味しいです。

415shinkai1 415shinkai02 415shinkai03 415shinkai04 415shinkai05 415shinkai06 415shinkai07

| | コメント (0)

地球深部探査船「ちきゅう」

「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船です。過去の気候変動、生物の活動、地殻変動の経緯を如実に物語る痕跡を地球はその内部に記憶しています。「ちきゅう」は、巨大地震発生のしくみ、地球規模の環境変動、地球内部エネルギーに支えられた地下生命圏、新しい海底資源の解明など、人類の未来を開く様々な成果をあげることを目指しています。
【JAMSTEC(海洋研究開発機構)ホームページより抜粋】

清水に寄港した「ちきゅう」の見学会に行ってきました。距離にしてたかだか数キロ、しかし人類がけっして生身では到達し得ない地球深部の探査を可能にするのは、科学の粋を集めた掘削船です。科学掘削船という響きがもうかっこよすぎて!内部はまるでひとつのプラントでした!夕闇に浮かび上がったエスパルス・ドリームプラザもきれいでした。

414chikyuu01 414chikyuu02 414chikyuu03 414chikyuu04 414chikyuu05 414chikyuu06

| | コメント (0)

2018年1月19日 (金)

カレー屋 in 静岡

静岡(静岡市と旧清水市)にもいくつか本格インドカレーのお店があります。どこも美味しいですが、最近初めて行ったラージ・パレスがちょっと群を抜いて美味しかったです。

よく、日本の本格カレー屋の店員はほとんどネパール人という話を聞きますが、ここは店内に「静岡でインド人が作るカレー屋はここだけです」という張り紙がありました。なんか納得。

ラムカレーはちゃんとカレーソースにもラムのエキスが出ていてちょっとクセのある感じが良く、バターチキンは普段は甘ったるいだけであまり美味しいと感じないのですがここのは甘味と酸味と旨味が絶妙、ほうれん草カレーと豆のカレーもきちんと本格的なスパイス使いでした。

きっと他のカレーも全部美味しいんだろうな。ここは通おう。

413curry01 413curry02 413curry03

ネパールの館。実はネパールカレーの正解を知らないのですが、美味しかったので。モモも美味しい。作っているのは日本人の年配のご夫人。

413curry04 413curry05 413curry06

| | コメント (0)

カレー屋 in 東京

練馬のケララ・バワンはその名の通り本格的な南インドカレーが楽しめるお店です。店内に立ち込める新鮮なスパイスの香りはまさに本場そのもの。スパイスが効いたあっさり目のノンベジカレーが最高です。この時、なぜかお店の外(出窓)にタンドーリチキンが置かれていました。冷ましていたのかな。東京だけどなんだかのどか。さすが練馬。

412curry01 412curry02

東京駅周辺はカレーの激戦区。ダバインディアと迷いましたが今回はダクシンへ。ここも南インドカレーのお店。カレーはさすがの美味しさでドーサもよかった。店員もフレンドリーでチャイをコップからコップへ移しながら冷ますパフォーマンスをしてくれました。

412curry03

| | コメント (0)

2018年1月18日 (木)

変な大根

写真の大根は大晦日に裏の畑でとれたもの。不思議な形状はまるで意思を持っているかのようです。

先日、淡路でマンドラゴラの花が咲いたというニュースを見ましたが、実はこれもそんなんだったりして。叫び声こそ聞きませんでしたが。

マンドラゴラに関するヨルダン時代の記事はコチラ

411daikon01 411daikon02

| | コメント (0)

富士山

毎日のように見ている富士山。

何千回と見ても飽きません。

どこから見ても美しい山。

410fuji01 410fuji02 410fuji03

| | コメント (0)

ほったらかし温泉

(2017年11月の話) 静岡にいて「ペット可温泉」を検索すると、山梨県の「ほったらかし温泉」が出てきました。途中、道の駅富士川で鳥もつ煮と馬のもつ煮を食し、2時間かけて現地へ。

ところが受付でペットの湯を聞いてみると、3年くらい前にやめてしまったとのこと。。ネットにはいつまでも当時の情報が残るので、それが現在もいきているのか判然としませんね。

所期の目的としては無駄足になってしまったけれど、富士山も見れたし丘に広がるぶどう畑の眺めは素晴らしかったです。

409kofu01 409kofu02 409kofu03 409kofu04

| | コメント (1)

2018年1月17日 (水)

ダイエット

帰国して9月・10月はストレス発散とばかりにとにかくいろいろ食べ回り、気づけばなんと人生初の体重80kgに(身長170cm)。以前は75kgを超えると途端にお腹の調子が悪くなり、自然とそこで抑制できていたのですが、思い起こせばインドネシア最後の数ヶ月間は一度も体重計に乗ることもなく、実際にはゆうに75は超えていたのではないかなと。

2ヶ月間であらかた食べたいものは食べたので、自然とダイエットに移行。どんなやり方にするかあれこれ迷いましたが、本格的な挑戦は初となる糖質オフを選択しました。これまでの経験で、糖質(ご飯、パン、麺)を食べないとぜんぜん満腹感が得られないことはわかっていたので、辛いだろうけれどその分はとにかくタンパク質を食べまくろうと決めました。

そうして初めた糖質オフダイエット。確かに最初の1週間は食べても食べてもお腹が満たされず、おそらく摂取カロリーは通常食以上になっていたと思います。また、そこまでストイックにしてしまうと続かないだろうとの考えから、唐揚げ・天ぷら(衣)はOKにしたり甘味としてチョコレートは食べたり。なので、糖質オフといっても低糖質ダイエットですね。テレビで観るほど劇的には体重は落ちませんでしたが、減量ペースとしては自分なりに理想どおりでした。満腹感の問題はそのうち気にならなくなり、摂取カロリーも抑えられたんでしょう。体重の推移は次のとおりです。

10/30: 80.05kg
11/10: 77.20kg
11/20: 75.60kg
11/30: 74.05kg
12/10: 72.90kg
12/20: 72.05kg

家ではストイックというか質素な食事をしていたので、外食では美味しいものを存分いただきました。多用したのは回転寿司(くら寿司はそれを売りに)、「さわやか」のハンバーグ(牛肉100%!)、焼肉(タレはレモン)、ビュッフェのお店(低糖質メニューがたくさん)、ラーメン(麺抜き)、エスニック料理(ベトナムなど)。家では鍋、豆腐、納豆、チーズ、卵、鯖缶などに加え、ローカーボヌードルでジャンク感をキープ。肉を食べたら野菜も多めに食べました。

順調に8kg痩せた後、ここから年末年始の一休みタイムに。人の往来があり、自然と付き合いご飯も増えるので、素直にダイエットはあきらめ、普通の食事にしました。お正月だしついでにお菓子も解禁。カレー屋とうどん屋は糖質オフが難しいのでずっと断っていましたが(家で糖質オフカレーを糖質オフヌードルにかけて食べたりはしていましたが)、ここぞとばかりに行きましたね。

けっこう思い切って食べていたのでリバウンドが心配でしたが、この3週間での体重増加は1.5kg。「メタバリアS」というサプリのおかげか、毎日バナナ3本分くらい便が出ました。このサプリ、ダイエット中から飲んでいて、少量ながら毎日便は出るもののとても固くて難儀していましたが、急に糖質を大量にとったせいか便の量が半端なかったです。さすが高いだけある。しかし糖質をとらないと途端に便の量が減りますね。メタバリアを飲んでいなかったらきっとひどい便秘になっていたのでは。

他にもダイエット中に気をつけたのは、この際だから腸内環境も改善したいということでした。ヨーグルトに玉ねぎや納豆をプラスして朝晩食べました。いくつか食べくらべてみましたが(同じものを1週間ほど続ける)、効果のほどはあまりよくわからず、結局自分の好きな味ということで、明治ブルガリアヨーグルトを食べ続けています。

ということで、ダイエットパート2が始まりました(1/15: 73.55kg)。当面の目標は1月末に71kg。3月末で理想は65kgですが、あまり無理せず67kgを目指します。

408diet01 408diet02 408diet03 408diet04 408diet05 408diet06 408diet07 408diet08 408diet09 408diet10 408diet11 408diet12

| | コメント (0)

人種差別?

大晦日のエディ・マーフィに対するその後の世論の展開。清水駅前銀座で開催されるコスプレイベントにも年々外国人の訪問が増えている中、オリエンタルカレーのマスコット人形も来年は撤去でしょうか。。

407cos01 407cos02 407cos03

| | コメント (0)

日光江戸村と餃子と

日光江戸村が楽しかったです。からくり屋敷、地獄めぐり、弓道体験、忍者ショー、大岡裁き、煎餅の手焼きなどなど大満喫。マスコット犬もかわいかったな。ゆるキャラはなんだか謎でしたが。グループで来ている外国人も多く、テーマパークとしてこれは当分安泰だなと思いました。

静岡県民なので餃子といえば浜松餃子を推したいところですが、個人的には宇都宮餃子にやられてしまった感じ。安いし美味しいし。浜松餃子はあっさりしすぎです。水餃子は茹で汁ごと出されます。味付けは各人で。これがまた実に美味しいんです。

406edo01 406edo02 406edo03 406edo04 406edo05 406edo06_2 406edo07 406edo08 406edo09

| | コメント (0)

2018年1月16日 (火)

ズガニ

モクズガニのことを静岡では「ズガニ」と言います。子どもの頃は小学校の近くの川にもいて、時々同級生がズガニをとったという自慢話をしていました。自分は一度くらい食べたことがあったっけかなという程度の記憶ですが。

伊豆の修善寺に行った時、ふと目に飛び込んできた「ずがにうどん」ののぼり。これは食べなければと、閉店間際のお店に飛び込みました。味はとっても良かったです。川に住むカニとは思えないくらい大きいんですよね。

一緒に食べたアマゴの塩焼きも美味しかったなあ。子どもの頃、夏休みは毎日家の横の川でアマゴを獲ってその場で焼いて食べていたことを懐かしく思い出しました。当時でももうヤマメはほとんどいなくなっていて、とれるのはアマゴばかりでした。

405kani03 405kani01 405kani02

| | コメント (0)

ひろびろ晴ればれ

実家は田舎なので土地だけは広いものの、庭先の杉林が大きく成長し、数年前からだいぶ日差しをさえぎるように。

思い切って邪魔な木を20本ほど切ると、なんとも広々し(写真4枚目)、日当たりの復活だけでなく心まで晴ればれと。

ちなみに写真2枚目は庭先の畑の地中に鎮座する巨大な岩。下側から見ると山肌がえぐれ今にも落ちそうだったので、岩の上にのびた木を切りました。一応ひと安心。

404ki01 404ki02 404ki03 404ki04

| | コメント (0)

2018年1月15日 (月)

水源補修

5年前の台風の後、我が家の水道が出なくなり、裏山の水源に行ってみると木が倒れ土砂が覆っていました(写真1枚目)。実はうちの村、日本でも数少ない水道未整備地域なんです。

この時は、湧き水の流れが変わったため1mほど横から新たに湧き出した水を引きこみ、ほとんど埋もれていた取水パイプを半分ほど掘り起こしました。

その後ずっと問題なかったのですが、再び水道が止まったのは去年の10月。家の横のリザーバータンク(1週間くらいは使える量)に水が入ってこなくなりました。

3日ほど様子を見ていましたが、回復する様子がなかったので、久しぶりに裏山に分け入り、再び水源を補修しました。

この時は応急処置を行い(写真2枚目)、11月にもう少しちゃんとした補修を行いました。まずパイプをぜんぶ掘り起こし、それから土砂がくずれてもいいようにコンクリートのU字溝を置きました。

春・夏になれば勢い良く水が湧き出るでしょうから、ダムがくずれないよう簡易的にオーバーフロー用のパイプも設置しました(写真3枚目)。

ご覧のとおり我が家の水道は山の生水ですが、親の代から、これを消毒するという発想はありませんでした。この先どうしようかな。

エチオピア勤務時代、塩素消毒を含む安全な水利用について地方住民にさんざん指導していたんですけどね。。

403mizu01 403mizu02 403mizu03

| | コメント (0)

イルカ

写真のイルカ(岩手県産)パックは静岡のスーパーにて撮影。静岡では縄文時代からイルカを食べているとも言われています。正直なところ、いくらでも食べ物があるこの時代にわざわざイルカを食べなくてもと思わなくもありません。

子どもの頃から給食や食卓にイルカは出ていましたし、地元では時々回転寿司でも回っていますから、自分の中でイルカ食は特に奇異なものではありませんが、海外からあれこれ言われる昨今、スーパーでこうしてイルカを見つけると、ちょっと複雑な気分になります。

一方で、だったらなぜ豚や鶏や魚は食べてもいいのかと、そう考えが巡るのも事実ですが、その辺の論点の整理はきちんとなされているのかなと思ったり。

最近読んだニュースの中で、魚は痛みを感じているというものがあり、これにはドキッとしました。釣りは好きなんですけどね。さらに、植物同士で会話しているなんて読み物もあったし、実は植物も抜かれる時に人の耳には届かない叫び声をあげているのかなとか。。

402iruka01 402iruka02

| | コメント (0)

静岡の蕎麦

1. 八兵衛
静岡でも有名な蕎麦屋のひとつ。蕎麦の品質、店内の雰囲気やサービス含め安心して食べに行けます。ネギは薬味としてはかなりクセが強いので、かけそばに薬味が何も入っていないこのシンプルな形は自分の理想です。
401soba01 401soba02 401soba03

2. 池田屋
山間にある隠れ家的なお店。ご主人が自宅でやっているので室内や外観を写すのは憚られます。蕎麦もいいですが山菜の天ぷらが最高です。しぞーかおでんも美味。
401soba04 401soba05 401soba06

3. 鍾庵
チェーン店ですが、蕎麦は美味しく、なんといっても驚くべきは桜えびのかき揚げ。香ばしく軽やかに揚がったその味は、そんじょそこらの和食屋、お寿司屋では太刀打ちできない美味しさです。
401soba07 401soba08 401soba09

4. 一閑人
蕎麦、汁、水、ともに高水準。店内の雰囲気もこだわり抜いた上質さ。富士山に行ったらぜひ行きたい名店です。
401soba10 401soba11 401soba12

5. 霧下手打ちそば ひがし
蕎麦も美味しいのですが、おすすめは鴨。皇室御用達の青森県産本鴨「銀の鴨」は、これを目当てに遠方から客が集まります。蕎麦汁は甘め。
401soba13 401soba14 401soba15

| | コメント (0)

2018年1月14日 (日)

Ape100地味改造日記 (3)

この10年、時々は手放そうかとも思いましたが、なんだんかんだ便利だし愛着もあって結局手元に残してあるApe100。久しぶりに手を入れてみました。(前回の投稿: その1その2

タイヤ交換、リヤサス交換、ブレーキシュー交換、フロントスプロケ交換、ケーブル交換、キャブレター調整、エアフィルター交換、エンジン洗浄、オイル交換、プラグ交換、そしてさび落とし。

タイヤ交換以外は自分でやりましたが、ジャッキや専用工具(キャブのエアスクリュー用D型ドライバーなど)をあれこれ買ったので、安く付いたのかは不明です。

最高速度が10年前にくらべて10kmほど落ちていましたが、キャブのセッティングとエンジン洗浄とフロントスプロケ交換(15丁→16丁)、そして自身のダイエットでなんとか復活。

キャブのMJはあれこれ試して結局これまで通りの#78に落ち着きました。外しっぱなしだったブローバイガスのパイプはあらためてエアフィルターに接続。少しパワーは落ちるのかもしれませんが、エンジン始動中のガソリン臭さもなくなったし、本来やらなければならないことなので一安心。

タイヤとリヤサスを交換したら乗り心地もぐんと良くなりました。エンジンは一発でかかるし、1速は前より自然に引っ張れるし、これでまたしばらく乗れます。やはり昔のバイクは自分でいじれる余地があっていいですね。

400ape01 400ape03 400ape04

| | コメント (0)

由比の桜えび

由比漁港で食べた捕れたてのフレッシュな桜えびは甘味と旨味が強く、かき揚げでは香ばしさが際立つ逸品でした。

子どもの頃、「今日の晩ご飯はえびの天ぷらだよ」と言われ、干し桜えびが入った野菜かき揚げが出てきたときの失望感は今でも若干のトラウマですが、大人になってわかるこの美味しさ。

富士川の河川敷で行われる桜えびの天日干しも初めて見ました。きれいな風景ですね。

399ebi01 399ebi02 399ebi03

| | コメント (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2018年2月 »