« そばといなご | トップページ | 昔のマンガ »

2018年2月18日 (日)

静岡のみかん

清水(興津)で生まれたみかん「はるみ」は、「きよみ」と「ポンカン」の交配で、出自は「デコポン」と同じです。皮はむきやすく、むいたときにパッと広がる爽やかな香りが普通のみかんとは明らかに違います。

プチプチと弾ける大粒の果肉はマイルドな甘みで果汁がたっぷり。酸味も少しあるのでバランスが良く、非常に爽やかな味わいです。種もほとんどないので丸ごとパクパクいけます。

取扱期間が短く(2月上旬~2月下旬)、市場に出回る量は限られていますが、地元だと見栄えの悪いものなどが格安で売られています。大きさ8~10cm(300gくらい)、1個150円くらいです。

自分はこれ大好きです。みかんの世界も奥が深いですね。

446mikan01 446mikan02b

|

« そばといなご | トップページ | 昔のマンガ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そばといなご | トップページ | 昔のマンガ »