« ポテトチップス、静岡の味 | トップページ | 伊豆でジビエ料理 »

2018年2月23日 (金)

大やきいも

先月「まるしまのおにぎり」というお店のおでんを紹介しましたが(→コチラ)、まだまだ静岡駅周辺には地元民に愛されているお店がたくさんあります。

「大やきいも」は創業からおよそ100年、まるしまと同じく昔懐かしい店構えで、木のぬくもりが広がるレトロな店内は、昭和中期の駄菓子屋といった風情のお店です。

そう、静岡では昔から、おでんは子どもたちが駄菓子屋で食べるものなんですね。もちろん、今では静岡の堂々たる地元グルメとして、お酒のお供としても確固たる地位を築いています。

おでん種の中でも特に有名なのが「黒はんぺん」。しかしこの言い方、静岡の人間にとっては若干の違和感が。

自分の体験談で言えば、東京の学校に進んだ際、阿佐ヶ谷のスーパーではんぺんを探したところ、白いはんぺんはあるものの、普通のはんぺんがないと不思議な思いをしたことがあります。

つまり静岡の黒はんぺんこそただの「はんぺん」であって、他県のものは「白はんぺん」であるというのが本音のところです。

まあ「黒はんぺん」で全国的に有名になってしまったので、これはこれでいいんですけどね。今では静岡でもあえてそう呼んだりするし。

ということで、「大やきいも」のおでん、そして黒はんぺん。昔ながらのほっとする味です。これで1串60円ですからね。ノスタルジーと優しさにあふれています。

あ、お店の名前のとおり、本当はやきいもが大変有名なお店です。大学いもも外せません。作りたての大学いものなんと美味しいことか。

ああまた食べたくなってきた。

449oden01 449oden02 449oden04 449oden03

|

« ポテトチップス、静岡の味 | トップページ | 伊豆でジビエ料理 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポテトチップス、静岡の味 | トップページ | 伊豆でジビエ料理 »