« フルーツゼリー | トップページ | ねずみの死 »

2018年4月11日 (水)

大涌谷の黒たまご

神奈川県箱根町、大涌谷。名物の黒たまごはひとつ食べると7年寿命が延びるそうです。地熱と火山ガスの化学反応を利用した「黒たまご」は、生卵を温泉池でゆでると、気孔の多い殻に鉄分(温泉池の成分)が付着します。これに硫化水素が反応して硫化鉄(黒色)となり、黒い殻のゆで玉子ができあがります。

大涌谷には平安時代弘法大師によって作られたといわれている延命・子育ての「延命地蔵尊」というお地蔵様があります。このお地蔵様にあやかり「黒たまご」を食べると寿命が延びると言われるようになりました。

実は7年という数字は、七福神のように7が縁起の良い数字とされていることからいつの間にか言われるようになったとのこと。ちょっと残念。ただ、科学的にも普通のゆで卵より旨味がアップしているそうです。あ、中身は普通に白いです。

494owaku01 494owaku02 494owaku03 494owaku04 494owaku05 494owaku07

|

« フルーツゼリー | トップページ | ねずみの死 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フルーツゼリー | トップページ | ねずみの死 »