« 漢方薬 | トップページ | 今日のワンコ »

2018年7月 2日 (月)

コンビニグルメ

世界中に66,000店舗以上あるセブンイレブン。世界で一番多いのはもちろん日本ですが (20,392店: 2018年6月)、二番目にセブンイレブンが多いのが、ここタイ (10,533店: 2018年3月)。とくにバンコクでは、道を歩けばセブンに当たるといっても過言ではありません。ちなみにファミリーマートは1,102店 (2018年5月)、ローソンは101店 (2018年2月)。やはりセブンが圧倒的です。

今日の夕方、なんだか日本のカレーが食べたくなって、レストランに行くか自宅でレトルトカレーにするか迷いましたが、どのみちまだ炊飯器を買っていないので、とりあえず駅の近くのセブンイレブンで白ご飯が買えるか見ていこうと決めました。

セブンに入りあらためて店内を見渡すと、こんなにもレンチン食品が充実していたのかと驚きをおぼえるとともに、日本にはないようなメニューもたくさんあって、これは当分コンビニグルメを楽しめるなと思ったのでした。白ご飯はありましたが、タイ米っぽかったのでパス。逆に中華粥なんかがあって、これはいつか絶対買おうと思いました。

冷蔵食品、冷凍食品、ご飯物、パン物、麺物、どれも美味しそうで気持ちがゆらぎましたが、結局買ったのはカツカレー。あとついでにブリトー (ハムチーズ) も。カツカレーが69バーツ (240円) ってなかなか衝撃的なお値段です。ブリトーにいたってはなんと20バーツ (70円)。大丈夫かセブン。というかまともな商品なのか。お店でレンチンしてもらった後、一抹の不安を胸にいそいそと帰宅。

食べた感想は、意外にもちゃんとした日本のカレーでした。ご飯はジャポニカ米で及第点。ルーは野菜と果物の甘味がしっかり効いていて、スパイスの香りもなかなか。でも、けっこう甘い。これでもっと辛ければ満点です。カツが芸術的に薄いのはもはや称賛ポイントとしか。ブリトーもまあまあペラペラですがちゃんとハムとチーズの美味しさが活きていました。

すごいな、コンビニの商品開発って。

576curry01 576curry02 576curry03

|

« 漢方薬 | トップページ | 今日のワンコ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 漢方薬 | トップページ | 今日のワンコ »