« カオマンガイ | トップページ | タイのお寺の数 »

2018年7月11日 (水)

がっかり店

プラトゥーナムにもう1軒すごくレビュー数の多いレストランがあって、そこのカオカームーも試してみようと思いふらっと出かけました。お昼前でしたが行列が表の道までのびていて、ちょっと期待が高まったのもつかの間、お客のほとんどはどう見ても旅行者(中国アジア系8割、欧米その他2割)。そして行列から丸見えのオープンキッチンでやっているワンタン麺とカオカームーの調理がどう贔屓目に見ても雑&雑。急速にしぼむ期待、そして広がる不安。

接客はとても良かったです。基本相席ですが席の配置もグループの人数でてきぱきと分け、できるだけお客を待たせないようにという心づかいが伝わってきました。旅行者ばかりなので簡単な英語も通じるしオーダー取りも迅速、笑顔も絶やしません。ここは完璧なのですが、さてお味の方は。。

看板メニューの汁なしワンタン麺は、好みによるとは思いますが、脂っこいばかりであまり旨味や塩気がなく、売りのワンタンは中の肉団子が砂糖多めで甘さばかりが目立ちます。カニ肉やチャーシュー、青菜もたっぷり入っているので100バーツ(350円)は高すぎるわけではありませんが、盛り付けが雑だし(あわてて作った感ありあり)、ワンタンも大量に茹でるから自分のは冷えていました。

588dame01 588dame02

もうひとつの看板メニューのカオカームーは、珍しく美味しくなかったです。何が違うかというと、お肉に味が染み込んでいない、お肉がパサパサ、皮にトロトロ感がない、脂がしつこい、お米がいまいち、スープがいまいち、スープをかける量も少ない等々、文句のオンパレードです。ワンタン麺と合わせほとんど悪口しか出てこないので店名は伏せています。

588dame03 588dame04

自分なりの美味しいカオカームーの見分け方ですが、店頭の大鍋を見れば一目瞭然。脂っこい料理のようでいて、美味しいお店はちゃんと余分な脂とアクをこまめに取り除いているため、鍋の表面がクリアーでスープの色がきれいに見て取れます。ここのお店(上の写真)は、見るからに表面が汚いですよね。脂もアクも取っていない。だから脂のしつこさと雑味が感じられる。下の写真はお気に入り店のもの。でもこれくらいはだいたいどのお店もやっていると思います。

588dame05 588dame06

カオカームーも100バーツ。値段を上げても行列が途切れることはなく、おそらく店員も疲弊し心が荒んでいるのではないでしょうか。きっと昔はもっと丁寧な仕事をしていたはず。どうかそんな時代にもどってほしい。

|

« カオマンガイ | トップページ | タイのお寺の数 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カオマンガイ | トップページ | タイのお寺の数 »