« マンゴーと餅米 | トップページ | バンコクのカフェあちらこちら »

2018年8月29日 (水)

バンコクのマッサージ比較

タイに来てそろそろ3ヶ月。最近はマッサージ屋もようやく固定化してきました。以下、これまで行ったマッサージ屋の簡単なレビューですが、評価はその時受けたマッサージ師の腕前に対するもので、さらにあくまで個人的な感想です。同じマッサージ師でも人によって当たり外れの感じ方は異なると思うので、たぶんあまり参考にはならないかなと。記載は1回目に行った順番。

1. Sabai Sabai Massage (スクンビット Soi 20)
赴任直後に泊まっていたホテルの近くで飛び入り入店。何の有名店でもありません。タイマッサージ60分400バーツ(1,360円)はそんなに高くもないしマッサージ自体悪くはなかったけれど、効いてるんだか効いてないんだかいまひとつわからず。自分は昔から筋金入りの肩こりなので、マッサージにはガチの施術を求めます。リラックス派には良いお店でしょうが、自分には合いませんでした。また、タイマッサージ(古式)にはここで早々に見切りをつけました。所詮こんなものかなと。

2. May Massage (スクンビット Soi 23)
外国人が多い繁華街にあるにもかかわらず、フットマッサージ60分100バーツ(340円)という破格のお値段でつとに有名なお店。値段が値段なので期待せずに行ったところ、なかなか丁寧にやってもらえました。正直そんなに効いたとは思いませんでしたが、確かに気持ちよかったし、この値段なら他店の3倍頻繁に通えるので、十分ありだと思います。

でも、タイのフットマッサージってインドネシアのものと同じで、日本人に馴染みのあるいわゆる足ツボマッサージ(激痛)とは似て非なるものです。とにかくぜんぜん痛くないんですよね。そこが良いと言う人もいれば、自分のようにちょっと違うと感じる人も。

3. 木先生の足裏マッサージ (スクンビット Soi 22)
日本人には有名なお店。台湾式の足裏(足ツボ)マッサージは、その痛さもウリ。「う~~」と思わず声が漏れるような痛さはまさに施術。ツボの押し方は患者の呼吸に合わせるように「ギューー、ギューー」。60分(300バーツ/1,020円)終わった後の心身ともに感じる開放感は格別です。

ただし、ごく個人的な感想を言えば、ちょっとツボ(スジ)をダイレクトに刺激しすぎ。もう少し周辺からほぐさないと気持ち悪く感じることも。これは足裏より上半身のマッサージを頼んだ時(後日、別の人)に顕著に感じました。肩・腰の全体をほぐすことなく、最初からツボ(スジ)にダイレクトに来るので、終わった直後は効いたように思えますが、その効果が長続きすることはありませんでした。やはりここでは足裏マッサージがおすすめ。

625massage01

4. ワットポー・マッサージスクール (スクンビット Soi 39)
言わずと知れたワットポー印のお店。ここならタイマッサージを受けてみようと、120分600バーツ(2,040円)をチョイス。年配のご婦人によるマッサージは、うーん、ちょっとなんだかかなりいまいちでした。骨ばった肘で肩甲骨まわりをグリグリやられてあまりに痛く(もちろん痛いと言いましたが)、こちらも変な力が入りスジをおかしくしてしまい、それから3、4日痛みがとれませんでした。ここで決定的にタイ古式マッサージとは決別しようと思った次第。

625massage02

5. Thaikung Massage (泰康) (リバーシティの近く)
中華街エリアで地元民に愛される台湾式足ツボマッサージ店。60分250バーツ(850円)。激痛ではないもののけっこう痛い。押し方は「ギュッ、ギュッ」とリズミカル。施術前に漢方の薬湯に足をひたすのも他店にはない本格派の証拠。効いた実感もあるし値段も高くないし、これは優良店。ワット・ポーや中華街の帰りにはぜひまた寄りたい。ただし小さいお店で、お客さん5人位でいっぱいです。

625massage03

6. Siam Onsen (Silom)
パッポン通りの向かい側にあり、場所柄日本人の利用も多いと思われます。そもそも名前がオンセンだし。そんな小金持ちの日本人をターゲットにしているせいか、フットマッサージはお値段高めの60分600バーツ(2,040円)。しかしその分施術はちゃんとしています。タイのソフトなフットマッサージに足ツボ(激痛)のエッセンスを加えたような独特なものでしたが、けっして悪くないです。店内も清潔かつセレブ感あります。ここじゃなきゃと言う人がいるのも納得。でもやっぱりちょっと高いな。

625massage04

7. 除瑞鴻診療所 (スクンビット Soi 36)
タイにおける台湾式足裏マッサージの始祖である故徐富弘先生の診療所。今はお弟子さんたちが施術に励んでいます。けっこう容赦なく足ツボに「ギュー、ギュー」きます。そこまで激痛ではないものの、ほどよく痛い。痛気持ちいいの痛い寄り。60分400バーツ(1,360円)でかなりすっきりしました。もっと繁盛してもいいと思いますが、Soi 36から1本入るのでお店の場所がわかりにくいのかもしれません。

625massage05

8. プルンチット・ハタサート (プルンチット駅横)
激痛足ツボマッサージとの評判を聞きつけて行きました。確かに、フットマッサージ60分400バーツ(1,360円)は効きました。押し方(というかこすり方)は1回1回の「ギュッ、ギュッ」にも針で刺すようなパンチ力がありますが、とにかく同じ箇所をしつこく何度も何度も押し(こすり)続けるので、痛くて声が出るというよりは、冷や汗が出てきます。60分の施術が終わり、「やっと終わった・・」と思わず安堵のため息をついたのはここが初めてです。しかし帰り道の足の軽さはかつて経験したことのないものでした。どうやらこのお店が自分には合っているようです。

後日、120分(フット60分+肩・背中60分)700バーツ(2,380円)を受けたところ、肩・背中・腕・脚・尻とひたすら踏まれてスジを伸ばされ、1年くらいあった左手の痛みがほぼ消えるなどこれまた素晴らしく効いたので、もうここ意外行かなくていいやと思い、これまでに4回通っています。そのたびマッサージ師は違う人ですが、総じてみんな上手です。3回めでちょっといまいちだったので4回め行くか悩みましたが、4回めはまたよく効きました。

625massage06

9. Foot Master (スクンビット Soi 31)
ここも激痛足ツボマッサージのお店ということで、確認のため行ってみました。でも高かったな。パッケージもあまり選べなくてシニアセラピストしかいないということでフット+肩90分900バーツ(3,060円)だったかな。しかもこれが大ハズレのマッサージ師でした。スジを「ギューッ」と押した後、最後に必ずスジを「グリッ」とやるのがちょっとあり得なかったです。身体をよじり何度「イヤイヤ」をしても伝わらず。シニアだそうですから、たぶんこれが効くと信じているんだと思いますが、気持ち悪く痛いだけで何も効かないばかりか変な痛みがしばらく残りました。大失敗。

|

« マンゴーと餅米 | トップページ | バンコクのカフェあちらこちら »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。久しぶりにおじゃましたところ、今はタイにいらっしゃるんですね。
そして、相変わらず美味しそうな投稿を熟読していたところでした。
マッサージもいいですねぇ!!!

投稿: kazu | 2018年9月14日 (金) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンゴーと餅米 | トップページ | バンコクのカフェあちらこちら »