« アニメイト・バンコク | トップページ | 野菜とハーブの混ぜご飯 »

2018年8月25日 (土)

スナック菓子

日本が世界に誇れるもの、その1は漫画・アニメですが、個人的にその2と思うのがお菓子、というかスナック菓子ですね、和菓子とかではなく。1袋100円の世界。

これまで数々の外国産スナック菓子を食べてきましたが、美味しいと思ったものはほとんどありません。日本のお菓子の劣化版という印象がどうしても拭えませんでした。

韓国や東南アジアのお菓子もたくさん食べてきましたが、味付けや食感など、ひと昔前にくらべたらずいぶん美味しくなったと思います。ただ、日本だってこの間進化しているので、その差はやはりまだまだあるのかなと。

これまで食べたお菓子の中でかなりイケてるんじゃないかと思ったのがアメリカ産のBugles(バグルス)。とんがりコーンの仲間というかむしろ兄にあたるのかな。でも食感はとんがりコーンよりもう少し重くまったりしていたと記憶しています。

ここバンコクでは、スーパーの棚にいろんなスナック菓子がずらりと並んでいます。もちろん全部を食べたわけではありませんが、今のところハマっているのが写真のCornae(コルネー)。

いわばとんがりコーン・とうもろこし味。「ナンダソレ?」と思われるでしょうが、まあちゃんと言えばスイートコーン味でしょうか。ちょっと甘くて。きっとBuglesと兄弟でしょうが、食感はより軽くサックリ。

このお菓子、オリジナル味、チーズ味、とうもろこし味の3種類ありますが、個人的には断然これが好きです。値段は1袋19バーツ(65円)。スーパーの棚にも1袋19バーツのお菓子がずらりと並んでいるので、日本でいう1袋100円みたいな設定なんでしょう。

ひとつ難点をあげれば、コーンがほとんどみんなつぶれていて指にはめられないこと。味には関係ないはずですが、うん、なんか大事なことのような気がする。。

618corn

|

« アニメイト・バンコク | トップページ | 野菜とハーブの混ぜご飯 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アニメイト・バンコク | トップページ | 野菜とハーブの混ぜご飯 »