« ワンニャンパラダイス (2) | トップページ | バンコク旧市街散歩 »

2018年9月30日 (日)

ワット・スタット

バムルン・ムアン通りにあるワット・スタットは、19世紀の初めラーマ2世の時代に建てられました。美しい壁画と繊細な木彫りの扉で知られています。礼拝堂には黄金に輝く仏像が立ち並んでいます。スコータイ時代に納められたシーサカヤムニー仏像は高さ8メートルで、6メートルの台座の上に安置されています。タイ最大の青銅の仏像であり、もっとも美しい仏像とされています。(タイ国政府観光庁ホームページより)

本堂は目に入るあらゆる壁・柱に壁画が施され、そのボリュームにまず圧倒されます。続いて細部に見入ると、ひとつひとつのシーンが恐ろしく精緻に描かれており、信仰心にもとづいたピュアな情熱というよりは、何か空恐ろしい、鬼気迫るものを感じてしまいました。信仰ってすごいな。

ワット・ポー、ワット・アルンなど必見のお寺はたくさんありますが、あちらはなにしろ観光客でごった返しています。土曜の午後に訪れたワット・スタットは、観光客はおろか地元の参拝客もまばらで、思う存分、静謐な空間に身を委ねることができました。

お寺の前にあるジャイアント・スイングをカメラに収めたらワット・スタットは素通りという人も多いようですが、見応えでいったら間違いなくトップクラスです。

661stat01 661stat02 661stat03 661stat04 661stat05 661stat06 661stat07 661stat08 661stat09

|

« ワンニャンパラダイス (2) | トップページ | バンコク旧市街散歩 »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンニャンパラダイス (2) | トップページ | バンコク旧市街散歩 »