« ワット・クンチャン | トップページ | 海南チキンライス »

2018年10月31日 (水)

BRTで快適バス移動

先日訪れたワット・パリワートとワット・クンチャン。移動手段は電車とバスでした。BTSチョンノンシー駅で電車を降りてExit 5を出たら、屋根付きの連絡通路を歩いていくとすぐにBRT(バス高速輸送システム)の始発駅、サトーンのバスターミナルがあります。

696brt01

改札手前の券売機(英語対応、タッチパネル)で第一目的地の Wat Pariwat までのカードチケットを購入。15バーツ(52円)でしたが、もしかしたら距離関係なく1回15バーツなのかもしれません。バスに乗るための待機所はエアコンが効いていて快適でした。15分に1本運行。

696brt02

BRTは道路の中央寄りの車線を専用レーンとして走行するものです。基本的に渋滞知らず。車体はエアコンも効いていて、乗り心地は普通、まあまあ快適です。お客は少なめでした。料金が少し高いのかな。自分がふだん乗るバス(距離も同じくらい)はエアコン付きが13バーツ、エアコンなしが6.5バーツですから。

696brt03 696brt04

自分としては、この辺りは電車の空白地帯だったので、BRTに乗ることをおぼえて今後の行動範囲がまた広がりました。ワット・パリワートの次はBRTの西の終点、Ratchaphruek まで行き(15バーツ)、そこから1.3km歩いてワット・クンチャンに行きました。なかなかいいつながり。帰りは Talat Phlu駅からBTSでスクンビットへ。楽しいバス旅でした。

696brt05

|

« ワット・クンチャン | トップページ | 海南チキンライス »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・クンチャン | トップページ | 海南チキンライス »