« 遼寧餃子館 | トップページ | えびせん »

2018年10月 8日 (月)

シナボン

最近、シナボンが好きだという知人の言葉を聞き、急に自分も食べたくなりました。バンコクにはいくつかシナボンのお店がありますが、アソーク駅のTerminal21店はどうも評判がよろしくない。なので、シーロムに行ったついでにSilom Complex店で詰め合わせを購入しました。

クラシック×2、チョコ×1、キャラメルピーカン×1のミニ4個入りで130バーツ (440円)。いやあ、美味しかったです。久しぶりに直球で甘いお菓子を食べたような気がします。やっぱり砂糖って美味しいんだな。苦いコーヒーとよく合うし。砂糖とシナモンてホント最強の組合せですね。

自分はアメリカ本店のシナボンの味を知らず、比較対象が10年前にサウジアラビアで食べたものになりますが、パン生地の具合とかシナモンや砂糖のクオリティーが各段にレベルアップしているように感じました。甘さも風味もとっても豊か。あるいはサウジのが実はいまいちだったとか。当時、あれはあれで美味しいと思ったんですけどね。

その後なんとなくシナボン日本のホームページを見てみたら、ミニボンもけっこういいお値段がついていて (6個詰め合わせで1,850円→4個換算1,230円)、そう考えるといくらタイだからといってこんなに安いわけないし記憶違いかなと思い、自宅最寄の駅ビルにもあったシナボンに行ってみました。

スクンビットという土地柄、ミニ4個入りの値段はシーロムより少し高く、でも150バーツ (510円) でした。日本て高いんですね。もしかしたらタイはサイズが小さいのかもしれませんが。ラーメン1杯もだいぶ量が少ないし。それはさておき、たまにはこういう砂糖まみれのスイーツもいいものですね。

669cinnabon01 669cinnabon02

|

« 遼寧餃子館 | トップページ | えびせん »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遼寧餃子館 | トップページ | えびせん »