« ドブ川の名店 | トップページ | フライドチキン »

2018年10月22日 (月)

パンケーキ激戦区

辛いタイ料理の後は甘くて優しいものが食べたいなと。それならパンケーキだろうと。そうして出かけたのがバンコクの流行発信地、サイアム地区。目指すはパンケーキ屋がたくさん出店しているサイアム・パラゴン。

Clinton St. Baking Company、IHOP、gram、BRIX、Pancake Cafe Fluff。ざっと見てこれだけのお店が同じフロアにひしめいています。まさに激戦区。

今バンコクでウケているのが、ふわふわのスフレパンケーキ。中でも大阪発のgramがすごい人気です。常に長い行列ができています。

たぶんちょっと前なら一番人気だったであろうClinton St.は、あくまでオーソドックスなメニューで勝負しているからか、単に値段が高いからか、この中では空いている方です。

自分はオーソドックスなのが食べたかったのと、待たずに座れたので、Clinton St.へ。美味しかったです。優しい味。ホームメイドって感じがいい。

パンケーキの甘い香りにバターの芳香がからみついて、もし幸せに匂いがあるとしたらきっとこれでしょうと。

ブルーベリージャムとメイプルバターも完璧。コーヒーもタイにしては非常に美味しかった。ニューヨークNo.1パンケーキのプライドを感じましたね。

こんなに美味しいのに店内ガラガラなんだよなあ。ブルーベリーパンケーキ(3枚)で398バーツ(340バーツ+税17%=1400円)はさすがに高いか。。

685pancake01 685pancake02

685pancake06 685pancake05 685pancake03 685pancake04

|

« ドブ川の名店 | トップページ | フライドチキン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドブ川の名店 | トップページ | フライドチキン »