« 路上の猫たち | トップページ | 牛野家 »

2018年11月 9日 (金)

バンルアンモスク

ワット・カンラヤナミットの少し南側に、ムスリムコミュニティーの居住区画があります。その昔往来していたマレー系イスラム商人が住み着いたのが始まりで、ラーマ2世に仕えていたイスラム教徒の高官ルアン・コチャ・イツァークの子孫、ビンアブドゥッラーとサマンタラット・ファミリーもまだ居を構えているそうです。

ここにあるバンルアンモスク(Bang Luang Mosque)は、世界でも珍しい(世界で唯一の)、タイ風に作られたモスクです。たしかにタイのお寺のような外観ですね。屋根は緑色ですが(緑=イスラムを象徴する色)、壁は純白。地元民からは「クディ・カオ(白い建物)」と呼ばれているのだそうです。

この区画は建物が密集し、かろうじてバイクが通れるくらいの道幅しかありません。この凝縮感がイスラムっぽいなと思う一方、仏教徒が大勢を占めるバンコクにおいて、イスラム教徒はこうした狭い一角に閉じ込められているのでは、と勘ぐったりもします。タイのお寺のゆるい雰囲気とは違って、どこか空気がピンと張り詰めていたように感じました。

706mos01 706mos02 706mos03 706mos04 706mos05 706mos06

|

« 路上の猫たち | トップページ | 牛野家 »

イスラム文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 路上の猫たち | トップページ | 牛野家 »