« ワット・プラユーン | トップページ | タイのお守り プラクルアン »

2018年11月 6日 (火)

ワット・ラカン

ワット・ラカン(Wat Rakangkositaram)はもともとワット・バンワヤイという名前でアユタヤ朝時代(1351-1767)に建立され、トンブリ朝(1767-1782)のタクシン王により改修されました。

ラタナコーシン朝(1782-1932)を興したラーマ1世の時代に境内から鐘(ラカン)が発掘され、その鐘はワット・プラケオに移されましたが、代わりに5つの鐘が奉納されたそうです。

お寺はこの時からワット・ラカン(鐘の寺)と呼ばれるようになり、ラーマ4世の時代に一度名前を変えられますが、人々はそれを受け入れず、そして今でもワット・ラカンと呼んでいるのだそうです。

非常に高名な僧侶であるソムデット師が一時期(1852-1872)住職を務め、その際も師の作るお守り(プラクルアン)は大きな評判を呼んだそうです。

時代は変わってもソムデット師(とそのお弟子さん)のお守り「プラ・ソムデット」は大変な人気で、骨董市場ではとんでもない値段で取引きされているそうです。贋作も多いそうですが。

そんな由縁があるため、ワット・ラカンといえばお守り(プラクルアン)と言う人は多く、実際、自分もここに来た目的はお守りを買うためでした。

お寺そのものを見てみると、ワット・プラケオ側から奉納された5つの鐘や、108回鳴らせばご利益があると言われる鐘の一群、その他にも鐘があちこち置いてあって、その名にふさわしいお寺でした。

対岸にはワット・ポーが見えます。あちらは観光客が押し寄せていますが、こちらは地元民の熱気であふれていました。自分が今まで見たお寺の中で、どこよりも地元民がたくさんいました。

しかし境内の小さな水場にカエルが100匹くらいいたのはなんでだろう。

704rakan01 704rakan02 704rakan03 704rakan04 704rakan05 704rakan06 704rakan07 704rakan08 704rakan09 704rakan10 704rakan11 704rakan12

|

« ワット・プラユーン | トップページ | タイのお守り プラクルアン »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・プラユーン | トップページ | タイのお守り プラクルアン »