« 海南チキンライス | トップページ | ドリアンピザ »

2018年11月 1日 (木)

牛肉麺

ワット・パリワートの近く、Dongmen(東門)という台湾中華のお店。レビューで見た牛肉麺の写真がとても美味しそうだったのですが、実際に食べてみると、ちょっと微妙な感じでした。あくまで好みの問題ですが。

スープはトマトの酸味が効いたサラッと系でやや辛め、八角やや強め、旨味はあっさりめ。平打ち麺はちぢれていて、コシが抜群。そのため麺をすすると口の前でとにかく麺が暴れます。スープの飛び散り方がハンパないです。

牛肉は脂身少なめのいい部位を柔らかくなるまで丁寧に煮込んでいます。量もかなりあって、198バーツ(690円)ってちょうどタイで食べる日本のラーメンくらいの値段ですが、ここまでお肉がのっているお店はそれほどないと思います。さながらワングレード上の料理のようです。

でも、自分が牛肉麺に求めるのはこれじゃないという感覚がどうしても拭えません。B級グルメのカテゴリーに入れるのは申し訳ないくらい、見た目も味も上品な牛肉麺でした。

698beef01 698beef02 698beef03

|

« 海南チキンライス | トップページ | ドリアンピザ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海南チキンライス | トップページ | ドリアンピザ »