« 牛野家 | トップページ | デカ盛りラーメン »

2018年11月10日 (土)

盛悦飯店(Sanyod)

サパンタクシン駅から歩いてすぐの盛悦飯店(Sanyod)は広東系の中華食堂です。小さい間口ですがメニューは豊富。でもお店の人気メニューはラートナー(餡かけ麺)とバミー(中華麺)で、見たところほとんどの人がどちらかを頼んでいました。

餡かけ麺は卵を溶いたものもあって、よりいっそう優しい味わい(90バーツ/300円)。普段スパイシーな料理ばかり食べているので、この味わいは心と胃袋に染み渡ります。もちろん一番基本の餡かけ麺も文句のつけようがない美味しさでした (130バーツ/440円)。(麺は幅広ライスヌードルをチョイス)

ローストダックと大きめの海老ワンタンが乗ったバミーは、これまた美味 (140バーツ/480円)。タイはデフォルトだと汁無し(ヘン)なんでしょうか。聞かれもしなかったな。本当は汁有り(ナム)がよかったな。隣のおじさんが食べているのを見てうらやましかった。

サパンタクシンはこれまでもB級グルメを求めてよく来ましたが (→コチラ)、またひとつ美味しいお店に出会いました。

709sanyod01 709sanyod02 709sanyod03 709sanyod04 709sanyod05 709sanyod06

|

« 牛野家 | トップページ | デカ盛りラーメン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牛野家 | トップページ | デカ盛りラーメン »