« ナイトマーケット | トップページ | お寺の猫 »

2018年12月 4日 (火)

ワット・ラチャブラナ

ワット・ラチャブラナ(Wat Ratchaburana)はアユタヤ朝時代に建てられ、1793年、ラーマ1世の時代に王の孫により改修を受けました。

その後ラーマ2世により162体の仏像が運び込まれるなど拡張され、第2級王室寺院となりましたが、時代は下り1945年、戦時中にひどいダメージを受けてしまいます。

そのため一旦は王室寺院のリストからも落とされましたが、地元の熱い支援のおかげで再建され、再びのリスト入りを果たしました。

日本人納骨堂があることでも知られています。堂守として高野山の方が派遣されているそうです。

739burana01 739burana02 739burana03 739burana04 739burana05 739burana06 739burana07

|

« ナイトマーケット | トップページ | お寺の猫 »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナイトマーケット | トップページ | お寺の猫 »