« チェンマイの空は白かった | トップページ | ウォールペインティング »

2019年2月14日 (木)

バーン・バット・コミュニティー

僧侶の托鉢用ボウルを製作することでその名を知らしめてきたバーン・バット・コミュニティー(Ban Bat Community)。

歴史は200年ほど前にさかのぼると言われ、アユタヤ朝が衰退した時期に彼の地から移住してきた人々とも言われています。

托鉢用のボウルは金属製で、21の工程を踏んで作られたもののみ、正式に使用が許可されていました。つまり、このコミュニティーの独壇場だったわけです。

当時はコミュニティーのほとんどすべての家がボウル製作に携わっていて、一日に20から30のボウルが作られていたそうです。

ところが、1970年代になると政府がボウルの工業生産を許可します。製造数が飛躍的にのびるとともに、コストはぐんと安くなりました。

するとたちまちコミュニティーの生活は困窮し、多くの家がこの仕事を離れていったそうです。今では5つのファミリーが続けるのみ。

コミュニティーは非常に狭い路地に密集しています。日曜日に訪れたせいか製作は行われていませんでした。

837ban02_2 837ban03_2 837ban05_2

実際に使われていたというボウルが販売されていて、けっこうほしかったのでしばらく眺めていたのですが、結局誰も声をかけてくれず。

837ban04_2

ワット・サケット(黄金の丘寺院)の南側の交差点で、コミュニティーの人々によるワークショップが行われていました。

837ban01_2

カンカンカンと軽やかに響く金槌の音。こうした匠の技が、マスプロダクションとはいい意味で住み分けし、これからも継承されていくことを願ってやみません。

ちなみにこの界隈、なかなか魅力的な町並みです。良さげなカフェとか、トローク・シャンハイ(上海横丁)とか。

837ban06_2 837ban07_2 837ban08_2 837ban09_2 837ban10_2

|

« チェンマイの空は白かった | トップページ | ウォールペインティング »

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チェンマイの空は白かった | トップページ | ウォールペインティング »