« ワット・アノン | トップページ | ポメロ »

2019年3月 5日 (火)

タイの中国仏教寺院 (2)

1. サーン・チャオポースア
以前、バンコク旧市街にあるサーン・チャオポースア(San Chao Pho Suea、Tiger God Shrine、玄天上帝廟、老虎神社→過去記事はコチラ)を紹介しましたが、チャオプラヤー川西岸のクローンサン地区に同じ名前のお寺がありました。

同じ神様を祀っているのだと思いますが、こちらはさらにカラフルでポップ。お寺の正面の民家の壁には漫画(?)も。どことなく鳥山明先生タッチ。

869chaopo01 869chaopo02_2 869chaopo03 869chaopo04 869chaopo05

2. サーン・ゴンウー
上記のお寺のすぐ近く、チャオプラヤー川沿いにあります。Gong Wu または Guan Yu は「関羽」ですね。神格化され「関帝」となり各地に信仰をもたらしたのでしょう。このお寺には3つの関羽像があり、それぞれ1736年、1802年、1822年に福建省からもたらされたと伝えられています。

その後1901年に建物は建て替えられたそうですが(たぶん赤い派手派手の)、横の白い建物はおそらく当時の(建て替え前の)ものでしょうか。そうするとバンコク最古の中国寺院ではないかと。

870gongwu01 870gongwu02 870gongwu03 870gongwu04 870gongwu05 870gongwu06

3. タプティム廟
Thap Thim (Tubtim) Shrine。いまいち正式名称がわかりませんが漢字なら「水尾聖娘廟」。聖フランシスコ・ザビエル教会北側の橋のたもとにあります。 内部はあいかわらずド派手な赤。にぎやかでいいですね。境内ではソフトボール大の大きなゴマ団子が売られていました。

871mizu01 871mizu02 871mizu03 871mizu04 871mizu05 871mizu06 871mizu07

|

« ワット・アノン | トップページ | ポメロ »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・アノン | トップページ | ポメロ »