« 何のマーク? | トップページ | ピサヌロークのお寺 »

2019年3月11日 (月)

ワット・ヤイ(タイで最も美しい仏像)

タイ北部ピサヌロークにある Wat Phra Sri Rattana Mahathat(通称 Wat Yai)は、1357年にスコータイの王リタイにより建立されたとても古い寺院です。その後歴代の王朝から庇護を受け現在まで発展してきました。

ここには15世紀初頭に鋳造され、タイで最も美しいと言われる金色の仏像、「勝利の王」があります。1899年、ラーマ5世の命によりワット・ベンチャマボピットの本堂が建てられた際、これを模し本尊仏としました。

ワット・ベンチャマボピットも見ていますが(→コチラ)、確かに似ていると言われればそう見えます(汗)。そして、これがタイの美的感覚ではとても美しいということなんですね。境内はタイ人の参拝客で大いににぎわっていました。

883pisa01 883pisa02 883pisa03b 883pisa04 883pisa05 883pisa06

|

« 何のマーク? | トップページ | ピサヌロークのお寺 »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何のマーク? | トップページ | ピサヌロークのお寺 »