« ポテトチップス塩卵味 | トップページ | ワット・トーン・タンマチャート »

2019年3月 3日 (日)

ワット・トーン・ノッパクン

Chee Chin Khor Temple(八重の塔があるお寺)に行こうとしたら手前にあったワット・トーン・ノッパクン(Wat Thong Noppakhun)に目がいって思わず立ち止まってしまいました。

お堂の窓の形や舟形の祠(?)など、ちょっと変わった趣向が凝らされたお寺です。聖俗の境界に置く石版"セーマー"もすっぽり灯籠に収められていたり。

お堂の中も実は立派な壁画があるそうなのですが(白いシャム猫が描かれているのだとか)、一般に公開されることは滅多にないそうです。ネットで拾った画像(5枚目)がそうなのかな。見たいなあ。

お寺の歴史はあまり良くはわかっていないそうです。アユタヤ朝後期に建てられたもの(建立者不明)がラーマ2世の時代に再建され、その後王室寺院となりました。

865noppa01 865noppa02 865noppa03 865noppa04 865noppa05

|

« ポテトチップス塩卵味 | トップページ | ワット・トーン・タンマチャート »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポテトチップス塩卵味 | トップページ | ワット・トーン・タンマチャート »