« シンガポールの塩卵味ポテチ | トップページ | ワット・サームプラヤー »

2019年3月26日 (火)

タイのお菓子:カノム・チャン

タイの伝統的なお菓子カノム・チャンは、階層(チャン)になったお菓子(カノム)です。もちもちしてみずみずしい食感は日本人にはおなじみの味なので、なんら違和感なく美味しくいただけます。

"Kanom Chan Thai Desserts Rooftop Bar" はワット・ボウォンニウェートの前の通りを西側に300メートルほど行ったところにあるピンクの建物、KSゲストハウスの5階にあるカフェです(最初わからなくて通り過ぎてしまいました)。店内は落ち着いた雰囲気。テラスに出れば運河を見下ろせます。

900kanom05b 900kanom03 900kanom04

店名にもなっているカノムチャン(下の写真)は一見涼しげですが実は温かい蒸し菓子。ほんのり甘くてもちもちでとても美味しかったです。これは2層ですが、縁起物になると9層のものもあるのだそうです。(タイ語で数字の9と進むは同じ発音なので)

900kanom02

もうひとつのおすすめがカノム・クロック。米粉をココナッツミルクで溶いたほんのり甘いタネをたこ焼き器のようなフライパンで焼くパンケーキです。フライパン接地面はカリカリ、上側部分はトロトロ。とにかく熱々なのであわてて食べると口の中を火傷すること必至です。

900kanom01

正確には、米粉+ココナッツミルクの層に、砂糖+ココナッツミルクの層を重ねているため、焼いても全体が固くならずトロトロ感が残るようです。本当に最後まで熱かった。自分もしっかり火傷しました。トッピングを見るとお菓子とおつまみの中間みたいですね。ネギが載ったところはお醤油で食べたかった。


ちなみに屋台でよく見るカノム・クロックはふたつをピタッと重ね合わせた形で売られています。二人が一緒になる、という意味があるそうです。

※画像挿入操作のクセがすごい。一度消してしまいました。またアップし直したけれど。なんでしょう、この絶望的な使い勝手の悪さ。。

|

« シンガポールの塩卵味ポテチ | トップページ | ワット・サームプラヤー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シンガポールの塩卵味ポテチ | トップページ | ワット・サームプラヤー »