« タイカレーの素 | トップページ | 台湾カステラ »

2019年4月20日 (土)

キンザギョウザ

MRTスティサン駅のすぐ近くにある "Kinza Gyoza" でカレーライスと焼き餃子(豚)をいただきました。おそらくなんちゃって日本食屋であろうお店に半ばネタのつもりで行ったのですが、カレー(79B/270円)も餃子(12個120B/420円)もちゃんと日本の味って感じで普通に美味しかったです。値段を考えたら大方の日本食屋より優秀かと。

ただ、レビューには辛辣な意見も多いので(不味いとか別物とか)、日によって出来上がりに差があるのかもしれません。お店のタレ2種(甘酸っぱいのとニンニクが効いたもの)も、これはこれでいけます。そもそも日本の世論は餃子に手厳しいところがありますよね。作り手によって無限のバリエーションがあるのはラーメンと同じだと思うのですが。

その昔、中国人留学生から教わった餃子の作り方は「適当でいい」でした。自分の中の "餃子原理主義" はその時消えてなくなったのかもしれません。(参考:ジャカルタの餃子

335gyoza01

335gyoza02

335gyoza03

|

« タイカレーの素 | トップページ | 台湾カステラ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイカレーの素 | トップページ | 台湾カステラ »