« カラフルスイーツ (2) | トップページ | トゥクトゥク軍団 »

2019年4月30日 (火)

ワット・マハンナパーラーム

旧市街にある多くの寺院のひとつであるワット・マハンナパーラーム (Wat Mahannapharam Worawihan) は、1850年、ラーマ3世の治世に建設が始められました。完成したのはラーマ4世の時代になってからで (1868年)、当初工事を指揮していたウドム・ラタナラスリ王子はこの時すでに亡くなっていたそうです。寺院の名前は "水の大地" あるいは "大海" を意味し、それは輪廻転生を表しているのだそう。

944mahanna02

944mahanna04

1884年、ラーマ5世の命によりこのお寺に学校 (Public School) が設置され、これがタイで初めての大衆教育の場となりました。このことから、寺院は1949年に国の歴史サイトに選定されています。

944mahanna01

本尊は500年前に造られたものだそうで、当時スコータイから運ばれました。ちなみにこのお寺、セパタクローのプレイヤーにはつとに有名だそうで、子どもたちが境内でプレーを楽しむ姿も見られるとのこと。

944mahanna03

たまたま入ったお寺でしたが、どのお寺にも歴史や逸話があるものですね。

944mahanna05

|

« カラフルスイーツ (2) | トップページ | トゥクトゥク軍団 »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カラフルスイーツ (2) | トップページ | トゥクトゥク軍団 »