« バンコクで食べられるドリアン | トップページ | ゲーンハンレー(北タイカレー) »

2019年4月17日 (水)

ドリアン食べくらべ (1)

これまで食べた6種類のドリアン。自分の味覚ではひとつずつ味の違いを言うのは無理ですが、大別すると、白砂糖のようにすっきりした甘さか、カラメルのように少し苦みばしった甘さか、というふた通りがあるのかなと。加えて果肉の色、そして香り。次の2品種は比較的わかりやすく両極端だと思うので、食べくらべると自分の好みがつかめると思います。自分は2番かな。

1. ノックラチップ (Nok Krajib)
淡黄色の果肉、フレッシュな甘い香り、すっきりした甘さ

2. プアンマニー (Poung Manee)
濃い黄色の果肉、クセのある甘い香り、苦みばしった甘さ

931durian

ドリアンが苦手な人におすすめの食べ方があります(苦手なら食べなければいい、と言われたらそのとおりですが・・・)。それは、アイスドリアン。ラップでぐるぐる巻きにして冷凍しましょう。冷凍してもカチカチにならず食感はほぼアイスクリーム。臭いもなくなる (ような気がする)。

928durian07

|

« バンコクで食べられるドリアン | トップページ | ゲーンハンレー(北タイカレー) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンコクで食べられるドリアン | トップページ | ゲーンハンレー(北タイカレー) »