« ん?大丈夫? | トップページ | ワット・バーンクンティアン・ノーク »

2019年5月28日 (火)

ワット・バーンクンティアン・ナイ

ワット・バーンクンティアン・ナイ (Wat Bang Khunthian Nai) はBTS Wuttakat駅から2.5kmほど南下した運河沿いにある古いお寺です。111番バスでまず近くまで行くとよいでしょう (8バーツ)。

もとをたどればアユタヤ朝時代の1575年頃、Wat Khanunとして建立されたお寺です。バーンクンティアン運河をはさんで西側にはワット・バーンクンティアン・ノークとワット・バーンクンティアン・クランという2つのお寺もあります。

ワット・バーンクンティアン・ナイは壁画が有名だそうですが、この時は残念ながらお堂は閉まっていました (祝日の月曜朝9時)。壁画の内容はジャータカ (Jataka/闍陀迦/闍多伽=仏教で言う前世の物語) 、そして当時のタイと中国の交易の様子だそうです。

コチラのFacebookで写真を見ることができます、スマホの場合はFacebookアプリではなくそのままブラウザ (Chrome等) で開くと見られます

どのお寺もそうですが、いつお堂が開くのか、なかなか情報が見つからず難儀しています。ネット情報を当てにして行ってもその時間閉まっていたり。次はもっと早い時間に来てみようかな。(※基本は閉まっているので見たい場合はスタッフに声をかけお願いする、というお寺も多いようです)

969bangnai01

969bangnai02

969bangnai03

969bangnai04

969bangnai05

|

« ん?大丈夫? | トップページ | ワット・バーンクンティアン・ノーク »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ん?大丈夫? | トップページ | ワット・バーンクンティアン・ノーク »