« ワット・アモンキーリー | トップページ | 旧市街の喫茶店 Rue De Mansri »

2019年6月15日 (土)

ワット・ノイナンホーン

ワット・ノイナンホーン (Wat Noi Nang Hong) は1807年頃、ラーマ1世の治世に建てられました。もともとヴィパッサナー瞑想を行う寺院だったそうです。規模は大きくありませんが、きらびやかな装飾が施された外観が目を引きます。内部の壁画もきれいです (→Wikimedia)。

998noinanhon01

998noinanhon02

998noinanhon03

|

« ワット・アモンキーリー | トップページ | 旧市街の喫茶店 Rue De Mansri »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・アモンキーリー | トップページ | 旧市街の喫茶店 Rue De Mansri »