« ワット・ウェルラーチン | トップページ | やや大盛りバミー »

2019年6月23日 (日)

ミークローブ

タラートプルー駅すぐ近くにあるタイ料理の老舗、ミークローブ・チーンリー (Mee Crob Jeen Lee)。ミークローブは甘辛く味付けした細麺をカリカリに揚げたものです。

麺料理なら国を問わず形を問わず、嫌いなものはないと自負する自分ですが、今回初めて食べたミークローブはなかなかのクセモノでした。麺はカリカリですがけっしてサクサクではなく、砂糖が染みているため微妙にネットリ感もあり、本当に食べるのが大変。

1口食べるのにもずいぶん噛まなくては飲み込めません (噛まないとのどに刺さる・・・)。なので、とにかくあごが疲れます。3口目くらいでまずは一度フォークを置いて呼吸を整えました。

ラーマ5世が愛してやまなかったというミークローブ、これを残すなんてありえません。がんばって完食しましたが、最後はあごがヘトヘトでした。

老舗の究極の一品なので値段に文句を言ってはいけませんが、1皿200バーツ/700円はタイにしてはけっこう高い。もう一度食べるかと言われたらちょっと。。一緒に食べたフィッシュボールの炒めもの(150B/525円)は、生胡椒のパンチが効いた軽やかな一品でした。

017microb01

017microb02

017microb03

|

« ワット・ウェルラーチン | トップページ | やや大盛りバミー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・ウェルラーチン | トップページ | やや大盛りバミー »