« 雨期到来 | トップページ | ワット・ラーチャパーティカーラーム »

2019年6月 9日 (日)

ワット・ボートサームセーン

ワット・ボートサームセーン (Wat Bot Samsen) はアユタヤ朝末期の1708年に建てられた寺院です。当時の建築様式に則ったデザインはいぶし銀の魅力を醸し出しており、タイの偉大な詩人スントンプーが1807年に著した紀行文にも描写があるなど、時代を超えて人々を魅了してきたのだろうと思います。

お堂の内部には当時の壁画が残されており、こちらも貴重。自分が訪れた時は地元のご婦人がひとりでお経を読んでいましたが、こちらに気づくと冷たいお水を1本くれました。ありがたや。

985boat01

985boat02

985boat03

985boat04

985boat05

|

« 雨期到来 | トップページ | ワット・ラーチャパーティカーラーム »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨期到来 | トップページ | ワット・ラーチャパーティカーラーム »