« ワット・スリブーンルーン | トップページ | タイ風エビのお刺身 (2) Soei »

2019年7月 3日 (水)

ワット・ボロムニワート

ワット・ボロムニワート (Wat Boromniwat) は1834年、後のラーマ4世 (当時出家中) の命により建てられました。完成後、王はここに出家したそうです。その後ラーマ5世により改修を受け、名前も現在のものに変えられました。第2級王室寺院。

お堂内部の壁側は1850-60年代に活躍した一流画家クルア・イン・コーン (Khrua In Khong) によるものです。ラーマ4世のお抱え画家(もともと王の出家仲間)であり、西洋絵画を学んだ彼は、タイの伝統絵画に初めて遠近法を取り入れた人物と言われています。

彼の作品で寺院壁画の代表作はこことワット・ボウォンニウェート (→コチラ)。特にここのはなるほど西洋絵画のようでした。基本お堂は閉まっているので、お坊さんに声をかけて開けてもらうと良いです。お布施も忘れずに。

回廊の仏像のレリーフを見ても、どこかおしゃれ感ただようお寺でした。

033boromniwat01
033boromniwat02
033boromniwat05
033boromniwat06
033boromniwat03
033boromniwat04

|

« ワット・スリブーンルーン | トップページ | タイ風エビのお刺身 (2) Soei »

旅行・地域 タイのお寺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワット・スリブーンルーン | トップページ | タイ風エビのお刺身 (2) Soei »