« ワンタン麺いろいろ | トップページ | ドンキモール・トンロー »

2019年9月22日 (日)

タイ料理 Puangkaew

普段の食事はB級グルメばかりで、1食100バーツ前後のお店を主戦場 (?) としているため、タイ料理であっても日本人が集まるようなお店はちょっと避けがち。でも最近、日本からお客さんが来たので、無難なせんを狙っていわゆる "駐在員御用達" のタイ料理屋に行きました。

日本人がたくさん集まるアソーク地区の Puangkaew というお店で、夕方6時に入りましたが、ほどなくお店は満席に。お客さんは1組をのぞいてすべて日本人でした。

メニューを見ると思っていたよりはリーズナブルでしたが、じゃあきっと1皿の量が少ないんだろうと思い、2人でソムタム、コームーヤーン、蟹カレー、白ご飯、パッタイをオーダー。腹八分目にはなるかなと思いつつ。

しかし予想は裏切られ、1皿のなんとまあたっぷりとしたことか。コームーヤーンなんてこんなに盛りのいい1皿は初めて見ました。日本人価格どころか他店よりずっとコスパがいいなと。

味は普通に美味しかったです。お腹いっぱいで最後かなり苦しかった。ソーダ水2本も入れて合計700バーツ/2,450円。これまでこういうお店を避けてきた自分をちょっと反省。

127puangkaew01
127puangkaew02
127puangkaew03
127puangkaew04

ちなみに一般的なコームーヤーンの盛りは次のような感じ。豚トロ (ネック) なので脂コッテリのためか量は少なめが普通。
ニッタヤガイヤーン
127puangkaew05
タリンプリン
127puangkaew07
ソムタムジェーソー (手羽先は別オーダー)
127puangkaew11

|

« ワンタン麺いろいろ | トップページ | ドンキモール・トンロー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンタン麺いろいろ | トップページ | ドンキモール・トンロー »