« 花文化の博物館 | トップページ | 赤身のステーキ@Arno's »

2019年10月17日 (木)

久しぶりのコシャリ

バンコクのBTSナナ駅周辺はアラブ人街と呼ばれ、いつも中東の観光客でにぎわっています。アラブ料理のお店もたくさんありますが、その中で個人的にずっと気になっていたのが、エジプト料理のお店 "Nasir Al-Masri"。

何が気になっていたかって、"コシャリ" をけっこうおしているんです。自分にとってコシャリといえば、ストレスにまみれていたエジプト生活の象徴のような一品。お店の前を通る時メニュー写真のコシャリを見るたび心がザワザワしていました。

基本的にいい思い出ではないのですが、過去記事を読み返してみたら、コシャリについて意外にも熱く語っている自分がいました (→コチラ)。そうそう、素性は悪くないんです、コシャリって。美味しいコシャリもちゃんと存在するし。

ということで10年ぶりにコシャリをいただきました。そしてそれは、完全にエジプトのコシャリの味でした。いや、美味しい方のです。懐かしさで頭がクラクラしました。当時50円くらいのものばかり食べていた自分にとっては、260バーツ/910円ってかなり驚きの値段でしたが。

タイにいるとは思えないお店の外観
155koshari01
やかんはトマトソースとビネガーソース
155koshari02
フライドオニオンの下にコシャリ本体、お米・スパゲティ・マカロニ・豆
155koshari03
ソースをたっぷりかけていただきます、
155koshari04
カラフルなピクルス
155koshari05

|

« 花文化の博物館 | トップページ | 赤身のステーキ@Arno's »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花文化の博物館 | トップページ | 赤身のステーキ@Arno's »