« 久しぶりのコシャリ | トップページ | 揚げ豚@Im Kab Mu »

2019年10月18日 (金)

赤身のステーキ@Arno's

バンコクに複数の店舗をかまえるお肉屋さん Arno's が併設するレストランでステーキをいただきました。牛はシャロレー種。もともと脂身が少なく柔らかい赤身が特徴でありヨーロッパで好まれるお肉とのこと。
156steak01

どんな肉質なのかこちらは興味津々。テーブルに運ばれてきた熱々の鉄板からおもむろに一切れ口に運ぶと、たしかに脂っ気はほとんど感じません。焼き方も上手なのでしょうが、柔らかくてとても食べやすいです。
156steak02

赤身なので噛めば噛むほど味がにじみ出てくる感じが良い。牛臭さみたいなものはなく鼻腔に広がる香りも良好。こういうさっぱりしたステーキなら朝から食べられるなとか思ったり。
156steak03

ブッチャーカットステーキ200グラム390バーツ/1365円 (サラダ付き)。和牛のような脂の多いお肉とは味わいの方向性が違います。赤身のステーキが好きな方ならきっとハマるかなと。お肉がたっぷり載ったビーフヌードルもおすすめ。
156steak05

ちなみに今まで食べたステーキで一番美味しいと思ったのはジャカルタのHolycow!でした。ちょっと特殊な条件だったかもしれませんが (→過去記事)。
156steak04

|

« 久しぶりのコシャリ | トップページ | 揚げ豚@Im Kab Mu »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのコシャリ | トップページ | 揚げ豚@Im Kab Mu »