« 揚げ豚@Im Kab Mu | トップページ | 和成豊 (Hua Seng Hong) »

2019年10月20日 (日)

ラクサ

バンコクに住んでみて意外だったのは、東南アジア各国料理のお店がほとんどないこと。インドネシア料理もあれこれ探してみましたが今のところ見つからず。

きっとインドネシア人がたくさんいるだろうしインドネシア料理店だっていくつもあって、もしかしたら本格的なミーアチェが食べられるかも、という気持ちで来たのでこの点はかなり残念。

ときどきラクサが無性に食べたくなるのですが、シンガポール料理、マレーシア料理のお店がこれまたほとんどありません。ありそうだけれど、ないんですねぇ。下記2店はやっと探しだしたラクサ (シンガポール) を食べられるお店です。

ブントンキアット (→過去記事)
ココナッツクリーム強めでスープの色も白っぽいですがちゃんとカレー風味もあり美味しい。麺は細めのお米麺。魚肉ボールと小さめの海老3匹。海老はあまり新鮮ではなかった。海老が効いたサンバルがついていて本格的。140バーツ/490円。ラクサは土日のみ。
158laksa01
158laksa02

ババタイ (Baba Thai)
Soi Sukhumvit 39の北側、Soi Phetchaburi 38/1にあるシンガポール料理のお店。24時間営業でメニューはカジュアルなもの。お店入口ドアの前に設置してある機械で食券を買うシステムですが、2度行って2度ともお釣りのコインが出てきませんでした。店員を呼んだらすぐにお釣りをくれましたが。
158laksa03
ラクサのスープは本格的な味。辛味はやや強いです。麺は中細玉子麺と極細ビーフンが半々。魚肉ボールと揚げワンタン (海老) はとても美味しかったですが、揚げ豆腐は酸化していてちょっと油臭かった。回転悪いのかな。2度とも他にお客さんいなかったし。
158laksa04
158laksa05
ミーゴレンは海老の出汁が効いたソースで本格的な味でした。こちらの海老は新鮮プリプリ。惜しむらくはサンバルが味気なかったこと。旨味も辛味もほとんどなかった。2品とも190バーツ/665円。
158laksa06

|

« 揚げ豚@Im Kab Mu | トップページ | 和成豊 (Hua Seng Hong) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揚げ豚@Im Kab Mu | トップページ | 和成豊 (Hua Seng Hong) »