« タイの小海老のかき揚げ | トップページ | 海獣の子供 in タイ »

2019年11月 4日 (月)

トムヤムヌードル@潘記

カオサンエリアのプラ・スメン砦の手前にある老舗タイ料理屋、潘記 (Phua Ki)。レトロな佇まいの落ち着いた店内で食べたのはトムヤムヌードルと海老ワンタン。

実は店名が "イェンタフォー・プアキー" のようで、もしかしたらイェンタフォー (→過去記事) がシグネチャーメニューなのかもしれませんが、レビューではトムヤムスープ (ホットスパイシースープ) を推す人が多く、一方でお店のメニューには "パッタイがおすすめ" と大きく書いてあって、なかなかの迷わせぶり。

トムヤムヌードルを食べてみたら、やけによくのびる麺で、どこかで食べたよなと思い返してみたら、これきっとパッタイの麺です。なので、やはりお店としてはパッタイに自信があるのかなと思いました。トムヤムスープはシンプル仕立てで美味しかったし海老も新鮮だったし、全体的にレベルは高いかも。次はパッタイを食べてみよう。トムヤムシーフードヌードル100バーツ/350円、海老ワンタン100バーツ/350円。

180puaki01
180puaki02
180puaki03

|

« タイの小海老のかき揚げ | トップページ | 海獣の子供 in タイ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域 タイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タイの小海老のかき揚げ | トップページ | 海獣の子供 in タイ »